トイグルの法人・学校向けTOEIC®試験対策講座

トイグル

世界に通用する人材をつくる

トイグルの法人・学校向けTOEIC試験対策講座とは?

1. TOEIC® Listening and Reading Test 特化型講座

  • TOEIC® Listening and Reading Testに特化した英語学習プログラム
  • 試験テクニックに依存せず使える英語力を伸ばしながらスコアを上げるカリキュラム
  • 英語学習経験ゼロでも大丈夫!初心者にも懇切丁寧に指導します

2. TOEICを知り尽くした日本人講師だからできる成果の出るプログラム

  • 海外大学院で英語教授法を専攻し、200名以上に英語指導をしてきたプロ英語教師が指導
  • 日本人講師が教えるからスッキリ理解しながら学習が進みます
  • レッスンでは各パートの解き方対策勉強法をオリジナル教材で実践演習

3. 最低2名様から受講可: 貴社に伺ってレッスンをします

  • 講師が貴社に伺ってレッスンを実施します(東京23区)
  • 地方の企業様の場合、Skype®などの無料通話アプリを使用して遠隔レッスン
  • 最低2名様から受講可能: 大手企業様はもちろん中小企業様も利用できます

4つのコースからお選びください

TOEIC試験対策 6ヶ月コース

・全24回 (6ヶ月目安)
・各50分間のレッスン
・2名様〜30名様
TOEIC試験対策 9ヶ月コース

・全36回 (9ヶ月目安)
・各50分間のレッスン
・2名様〜30名様
TOEIC試験対策 12ヶ月コース

・全48回 (12ヶ月目安)
・各50分間のレッスン
・2名様〜30名様
オーダーメイド

レッスン回数や期間を完全オーダーメイドで契約できるプランです。詳しくはお問い合わせください。

例: TOEIC試験対策 9ヶ月コースを
毎週金曜日に実施する場合

クラススケジュール 法人向け講座
レッスン・スケジュール
レッスンは平日13時より20時開始までの間で承ります。レッスンは半固定制(例: 毎週金曜日18時など一応の目安を決めるものの、繁忙期など、事前のご要望があれば日時を変更できる制度)を採用しています。

講師の紹介

講師: 田邉竜彦(たなべたつひこ)

トイグルTOEICスクール代表の田邉竜彦です。私は英語教師として、これまで200名以上の学習をサポートしてきました。本講座は私が責任を持って行います。どうぞよろしくお願いします。

  • 東京都出身。明治大学を卒業後、アパレルメーカー、IT企業に勤務
  • 2012年よりアメリカとイギリスに留学
  • イギリス ストラスクライド大学大学院 経営学修士
  • イギリス ウォリック大学大学院 英語教授法修士
  • 2015年に英語教師として独立、トイグルTOEICスクールを開始。マンツーマン指導とセミナーで200名以上に英語を教授
  • 現在もTOEIC公開テストを毎回受験し、最新の傾向を研究しています

\メディア掲載実績/

トイグルの実績

トイグルには圧倒的な実績があります

スコアアップ事例1: リスニングでほぼ満点を取り、TOEIC830点を取得!

TOEICスコアの推移
・20代女性
・航空
・受講期間: 3ヶ月
・TOEIC700点→830点

スコアアップ事例2: わずか3ヶ月でTOEIC830点を取得!

TOEICスコアの推移
・20代男性
・金融
・受講期間: 3ヶ月
・TOEIC695点→830点

スコアアップ事例3: 伸び悩みから脱却し、3ヶ月でTOEIC660点を取得!

TOEICスコアの推移
・40代男性
・自動車メーカー
・受講期間: 3ヶ月
・TOEIC480点→660点

スコアアップ事例4: 中長期的な学習で785点を取得!

TOEICスコアの推移
・40代女性
・接客サービス
・受講期間: 12ヶ月
・TOEIC595点→785点

カリキュラムと学習内容の例

TOEICスコアアップに必要な3つの要素
  • 英語力: 単語力・文法力・聞き取り能力・読解能力など、英語そのものの力
  • 試験対策力: 問題形式の理解、各パートの解き方、重点的に解く問題と捨てる問題の区別など、試験を戦略的に解く技術
  • 本番力: リーディングセクションの時間配分、集中力の管理、メンタル・コントロールなど、本番で120%の実力を発揮する力

カリキュラムの例: 9ヶ月コース(全36回)の場合

1ヶ月目英文法基礎
2ヶ月目リーディング基礎
3ヶ月目リーディング基礎
4ヶ月目リスニング基礎
5ヶ月目リスニング基礎
6ヶ月目リーディング応用
7ヶ月目リスニング応用
8ヶ月目本番試験対策
9ヶ月目本番試験対策

レッスンの流れ (各50分間)

講義
(約10分)
その日のテーマについて講師が講義します
(例: リーディング長文読解対策)
問題演習
(約20分)
問題集を使って実際に設問を解きます
見直し
(約15分)
講師とともに不正解を徹底的に見直します。
なぜ間違いだったか、どうすれば次に同じ間違いをしないか。
失敗の原因を根本的に探ります。
まとめ
(約5分)
その日の学習内容についてまとめを行いレッスンを終了します
トイグル式が最短で最高のスコアアップが実現する理由、それは英語力・試験対策力・本番力を総合的に伸ばすカリキュラムを設定するからです。貴社のご要望にあわせて最適な学習プランを提案します。

ノウハウを凝縮したオリジナル教材を使います

トイグルセミナー資料

講座ではトイグルが作成したオリジナル資料とTOEIC試験対策用問題集を使います。

本資料は、私がTOEIC公開テストを50回以上受験し、英語を10,000時間勉強し、200名以上の方への学習指導を経て開発したものです。

本資料のクオリティは市販の参考書をはるかに超える自信があります。本資料を活用して試験対策を成功させましょう。

トイグルにはノウハウがあります
トイグルは英語勉強法の解説記事を公開しており、月間40万人以上の読者を獲得しています。講師は現在でもTOEIC試験を毎回受験しており、最新の傾向と対策を研究しています。トイグルにはTOEICスコアを上げる体系的なノウハウがあります。

(教材費として1名様あたり5,000円を頂戴します。)

TOEICとはどんなテスト?

年間200万人以上が受験する英語の資格試験
日常英語とビジネスシーンを中心とした題材
英語の「聞く力」と「読む力」を測定
企業の16.6%がTOEICを人事評価の要件に
成績はスコアで算出: 最低10点〜最高990点
社員の自己啓発としても広く活用

リスニングセクション(聞き取り)の例題

TOEIC Part3の例題

リスニングセクション(聞き取り)では、英会話を聞いてその内容に関する設問などが出題されます。

日常的な会話からビジネスシーンまで、現実的な英語使用場面を想定した幅広い内容が問われます。

リーディングセクション(読解)の例題

TOEIC Part7の例題

リーディングセクション(読解)は長文読解ほか、文法問題が出題されます。

いわゆる「受験英語」のような暗記で解ける問題はありません。使える英語に必要な読解力が測られます。

TOEICスコアの目安: レベルと英語でできること

TOEICスコアの分布 (第203回公開テストの例)

TOEICスコアの分布
スコア人数割合
300点未満3,6243.49%
300点台12,19411.73%
400点台18,74318.03%
500点台20,81220.02%
600点台19,11018.38%
700点台15,46414.88%
800点台10,42510.03%
900点台3,5833.45%

(第203回公開テストより筆者作成)

TOEIC平均点は580点前後です

TOEIC スコア別できること一覧

500点〜600点〜700点〜800点〜900点〜
看板を見てどんな店か、どういったサービスを提供する店かを理解できる
自分宛てに書かれた簡単な仕事上のメモを読んで理解できる
会議の議事項目(アジェンダ)を読んで理解できる
英語で書かれたインターネットのページから、必要な情報・資料を探し収集できる
「Time」や「Newsweek」といった雑誌の記事を読んで内容を理解することができる
自分の専門分野の高度な専門書を読んで理解できる×

(『TOEIC L&Rスコア別できること一覧』を簡略化して筆者作成)

◯ = できる、△ = なんとかできる、× = できない

社歴別の平均スコア

内定者554
新入社員496
入社2〜5年目512
入社6〜10年目501
入社11年目以上468

(『TOEIC Data and Analysis 2019』より筆者作成)

役職別の平均スコア

役員534点
部長526点
課長499点
係長485点
一般社員487点
派遣社員524点

(『TOEIC Data and Analysis 2019』より筆者作成)

はじめは500点を目指す
TOEICをはじめて学ぶ方の場合、まずは500点を目指しましょう。中級レベルの方は600点、上級レベルの方は700点と徐々に目標スコアを上げていくとよいでしょう。

TOEICは自己啓発・人事考課に活用されています

TOEICを利用する目的

(国際ビジネスコミュニケーション協会より筆者作成)

国際ビジネスコミュニケーション協会によれば、企業がTOEICを活用する目的の1位が自己啓発(66.2%)、2位が研修(43.6%)、3位が人事ファイルへの記録(30.8%)となりました。企業がTOEICを導入するメリットは、必ずしも英語力を身につけるためだけではありません。むしろ、自己啓発や人事考課の手段として用いられているのです。
こんな企業様におすすめです
  1. 海外事業を展開させるため社員の英語力を上げたい
  2. 海外出張・滞在の基準を作りたい
  3. TOEICスコアを人事考課に導入したい

お問い合わせからレッスンまでの流れ

STEP.1
ご要望のヒアリング

講師が貴社に伺い、ご要望をヒアリングします。貴社が関東圏以外にある場合、Skype®などの無料通話アプリを使って実施する場合があります。

STEP.2
学習プランのご提案

貴社に最適な学習プラン・コースをご提案します。

STEP.3
デモ・レッスンの実施

実際の教材を使い、体験レッスンを受講いただきます。

STEP.4
ご契約の締結

ご契約を締結します。

STEP.5
レッスン開始

レッスン開始です。最高の成果を出しましょう。

お問い合わせはこちら

必須 お名前

必須 会社名/団体名

必須 部署名

必須 電話番号

必須 メールアドレス

任意 その他

\よくある質問にお答えします/

英語初心者の社員が多いのですが、受講できますか?
はい、受講できます。例えば、初心者の方には基礎的な文法からやり直すなど、受講者様のレベルに合わせたレッスンを提供します。

教材は何を使用しますか?
トイグルの用意するオリジナル教材を使います。企業様で教材をご用意いただく必要はありません。教材費として受講者様の1人あたり5,000円を頂戴します。

レッスンでは何を行うのですか?
レッスンは以下の流れで行います。

1. TOEIC試験対策の講義
2. 問題集を使った実践演習
3. 見直しとアドバイス
4. まとめ

TOEIC未経験者の社員が多いのですが、はじめは何点を目指すべきでしょうか?
はじめて受験される方の場合、はじめは400点を目指すことをおすすめしています。そこから500点、600点と徐々に目標スコアを上げていくのが良いでしょう。

会社の規模が小さいのですが、受講できますか?
はい、可能です。最低2名様からの受講を承ります。

繁忙期など予定通りレッスンを行えない場合はどうなりますか?
レッスンは半固定制を導入しています。例えば、毎週金曜日の18時など一応の目安を決めるものの、事前のご要望があれば日時を変更できる仕組みです。そのため、繁忙期等はスケジュールを変更することで柔軟に対応します。

事務所が地方にあります。受講できますか?
はい、できます。事務所が地方にある場合、Skype®などの無料通話アプリを使ってレッスンを実施します。設定方法はご契約時に詳しくお伝えします。

期間内にレッスンを消化しきれない場合、どうなりますか?
原則的にレッスンは期間内で終了するよう予定します。万が一レッスンが期間内に終わらない場合、追加で1ヶ月以内であれば、現コースのレッスンを引き継ぐことも可能です。詳しくはお問い合わせください。

コース終了後、受講を延長することはできますか?
はい、可能です。実際、トイグルではコース期間で目標スコアを達成したため、さらに高いスコアを目指して受講を延長される方がいらっしゃいます。

「TOEIC」はEducational Testing Serviceの登録商標です。