英語のスペルが覚えられる7つのポイント

英語のスペルは複雑である。

英語はスペルと音が必ずしも一致せず、1つの文字が場面によって異なる読まれ方をする。また、特定の発音が異なるつづりで書かれることもある。

あなたは、英語のスペルが覚えられず困っていないだろうか? あるいは、英文を書く時にスペルミスで苦労していないだろうか?

そこでトイグルでは、英語のスペルを効果的に覚える7つのポイントを紹介したい。この記事を読めば、スペルに対処する基本的な知識が身につくだろう。

1. スペルは分解して理解する

日本語の漢字が異なるパーツで構成されているように、英語の単語は小さなカタマリに分解できる。

例えば、「利用できる」を意味するavailableは「a/vail/a/ble」と4つのパーツで作られている。単語全体を丸暗記するより、これらパーツを意識したほうが覚えやすい。

いくつかの例を紹介しよう。

  • people: peo / ple
  • exactly: ex / act / ly
  • information: in / for / ma / tion
  • accommodation: ac / com / mo / da / tion
  • interdepartmental: in / ter / de / part / men / tal
スペルは辞書で学ぶ

これら小さな単位はシラブルと呼ばれる音のまとまりを指す。シラブルを調べるには辞書で単語を調べよう。

2. 書かれるのに読まれない文字を知る

英語はすべての文字が均等に読まれるとは限らない。むしろ、書かれるにもかかわらず読まれない文字がある。

例えば、「知る」を意味するknowは冒頭のkを発音せずに「ノウ」と読む。「クノウ」と読まないように注意したい。

他の例を紹介しよう。

  • campaign: gを発音しない
  • debt: bを発音しない
  • hour: hを発音しない
  • island: sを発音しない
  • receipt: pを発音しない
黙字とライティング

これら発音されない文字は黙字と呼ばれる。黙字は読み間違いだけでなく書き間違いにつながるので要注意だ。

3. 複雑な単語は語源を理解する

英単語の中には、英語固有の語源を持たず、他の言語が英語化したものがある。とりわけ、フランス語やギリシャ語を語源とする単語は、つづりが複雑化する傾向にある。

例えば、「起業家」を意味するentrepreneur(アントレプレナー)はフランス語が起源であり、つづりがおおよそ英語には見えない。

他の例を紹介しよう。

  • amateur: アマチュア(フランス語が起源)
  • hierarchy: ヒエラルキー(ギリシャ語が起源)
  • khaki: カーキ(ウルドゥー語が起源)
  • spaghetti: スパゲッティ(イタリア語が起源)
  • yacht: ヨット(オランダ語が起源)
語句のパーツが外来語の場合

語句の一部分が外来語に由来する場合もある。structure(構造)のstructはラテン語で「建築する」の意味。

4. つづりは文法で変わる

英語のつづりは文法で変化することもある。例えば、名詞を複数形にする場合、単語の語尾に-sあるいは-esをつける。

以下、代表的なつづりの変化を見てみよう。

名詞の複数形 book→books
三単現のs go→goes
現在分詞の-ing work→working
過去形・過去分詞形の-ed work→worked
比較級・最上級 hard→harder→hardest

5. アポストロフィを区別する

アポストロフィとは「’」の記号である。

英語では、アポストロフィは2つの場面で使われる。1つは「〜の」の意味で所有を表す。

  • yesterday’s lesson(昨日のレッスン)

もう1つはbe動詞、have、notなどの短縮形である。

  • John’s here. (ジョンはここにいる)
  • We’ve finished. (終わった)
  • I didn’t go to the library yesterday. (私は昨日図書館に行かなかった)

読み間違いはスペルミスを誘発するため、注意したい。

it'sとitsの違い

it'sはit isの略、itsは「その」を表す代名詞である。

6. 大文字と小文字を区別する

英語は大文字と小文字を使い分ける。

例えば、人や地名を表す固有名詞は、文中であっても単語の先頭を大文字で始める。

  • Which city did you visit in Russia? (ロシアのどの街に訪れましたか?)

以下、大文字を使う代表的な例を紹介しよう。

文頭の文字 He suggested the idea.
「私」を意味する「I」 Tom and I 
名前 David
曜日/月/祝祭日 Monday/June/Christmas
国名/言語/地名 Japan/Japanese/Tokyo
マクドナルドのつづり

McDonald's(マクドナルド)やPaul McCartney(ポール・マッカトニー)のように、文中に大文字を使う語句も存在する。

7. ネイティブでも間違える英語のスペル

英語のスペリングの複雑さは、私たち学習者だけでなく、ネイティブスピーカーをも悩ませる問題である。

例えば、かつてアメリカ合衆国の副大統領を務めたダン・クエールは、「じゃがいも」を意味するpotatoをpotatoeと間違えたエピソードがある。

以下、ネイティブスピーカーでも間違えると言われる英単語の例を紹介しよう。

accommodation(宿泊施設) cとmを二重にする
colleague(同僚) collageやcollegeと間違えない
definite(明確な) difiniteと書かないように
doubt(疑う) 読まれないbに注意
foreign(外国の) forignやforiegnと書かないように
grammar(文法) gremmerではない
questionnaire(質問表) naireの箇所を間違いやすい
receive(受け取る) recieveと書かないように
vehicle(乗り物) 読まれないhに注意
weird(変な) wiredと混同しない

まとめ: 英語のつづりは常に注意する

この記事では、英語のスペルを覚えるための7つのポイントを述べてきた。

内容をまとめると次のようになる。

  1. スペルは分解して理解する
  2. 書かれるのに読まれない文字を知る
  3. 複雑な単語は語源を理解する
  4. つづりは文法で変わる
  5. アポストロフィを区別する
  6. 大文字と小文字を区別する
  7. ネイティブでも間違える英語のスペルを知る

英語のスペルは例外だらけで複雑だから、上級者になっても間違えることはある。大切なのはスペルミスをゼロにすることではなく、スペルに対する意識を高め、つづりの間違いを事前に確認する癖をつけることである。

Microsoft Wordを使用している人は、誤ったスペルの語句に赤の波線が現れる。Macを利用している人、あるいはスマートフォンで文章を書く人は、無料で使える英文添削アプリ「Grammarly」がおすすめ。

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です