【無料プレゼント】中学英語がたった3日間で身につく動画講座はこちら

willとbe going toの違い!使い方のポイントは予測や意図を理解すること

be going to

英語のbe going toは「…するつもり」や「…しそう」の意味で使われる表現である。

英語を学習中のあなたは次のような疑問を持っていないだろうか?

  • be going toがそもそも何なのかわからない…
  • be going toの使い方を知りたい…
  • be going toとwillの違いを知りたい…

市販の参考書では、be going toについて一応の解説は載っているものの、詳しい説明はされていない。困っている方も多いと思う。

そこでトイグルでは、be going toの使い方に関して詳細を解説していく。この記事を読めばbe going toの疑問が解決し、すぐにでもこの表現を用いた英文を作れるようになるだろう。

*目次

1. be going toは意図あるいは予測をあらわす

be going to + 動詞の原形

be going toは主として、未来をあらわす際に使われる表現である。toの後ろには動詞の原形が用いられる。

be going toには大きく2つの意味がある。1つは意図(…するつもり)、もう1つは予測(…しそう)である。

意図…するつもり
予測…しそう

例を見てみよう。

  • (1) I am going to buy a new car tomorrow. (明日、新しい車を買うつもりです)
  • (2) There’s going to be a storm. (嵐になりそうだ)

(1)はbe going toが意図の意味で使われている例である。車を買うことは、人が自分の意思でコントロールできる行為である。話し手は車を買う意図があることにほかならない。

(2)はbe going toが予測の意味で使われている例である。嵐は人がコントロールできない。話し手は周囲の状況から嵐になりそうと予測している。

このように、be going toは意図や予測の意味で使われるが、その背後には「未来をあらわす表現」という点で共通している。以下、be going toのさらに詳しい使い方を見ていこう。

gonna
くだけた会話では、What’s he gonna do now? (彼は今何をしようとしているの)のように、going toをgonnaと言うことがある。

2. be going toの基本的な使い方

be going toは意図と予測を中心的な意味としながら、状況に応じて様々な使われ方をする。

be going toの基本的な用法を見ていこう。

2-1. 意図

  • (3) I‘m going to read the books on Wednesday. (水曜日に本を読むつもりです)
  • (4) What are you going to do today? (今日は何をするつもりですか)
  • (5) He is going to quit smoking. (彼は禁煙するつもりです)

be going toは「…するつもり」の意味で意図をあらわす。

(3)は1人称が主語なので、述べられているのは話し手自身の意図である。

(4)のように2人称が主語の場合、疑問文によって、聞き手の意図を尋ねることが多い。

(5)のように3人称が主語の場合、話し手は主語の意図を事前に知っていることが前提となる。例文のように言えるのは、彼が禁煙する意図があることを、話し手が知っているからである。

強い意志
意図には強いものから弱いものまで様々ある。I’m going to buy it again! (またそれを買うよ!)のように「強い意志」をあらわす場合もある。

2-2. 依頼

  • (6) Are you going to give me the answer? (答えを教えてくれませんか)

2人称の疑問文は依頼の意味で用いられることがある。

(6)は「答えを教えてくれませんか」と相手に依頼する内容である。

2-3. 不可避の変化

  • (7) The laws are going to be changed. (法律は改正せざるをえないだろう)
  • (8) I am going to be forty next month. (来月40歳になるんだよ)

be going toは「…するだろう」の意味で、不可避の変化をあらわすことがある。これは単純未来のwillに類似した用法で、時間の経過により、自然にその状態になる場合に用いる。

(7)では法律の改正が不可避的に起こることが示されている。

(8)のように「来月X歳になる」という場合、通常はwillを用いる。ただ、ここではbe going toを使うことで、「40歳になる」という事実に、話者が特別な感情を抱いている含みがある。

2-4. 徴候に基づく予測

  • (9) Look at the clouds. I think it‘s going to rain. (雲を見てごらん。雨が降りそうだよ)

be going toは「(この分だと)…しそうである」の意味で、現在の徴候に基づく予想に用いられる。

(9)では雨雲が出てきたため、話し手は雨が降りそうだと予測している。

「不可避の変化」と「兆候に基づく予測」の違い
「不可避の変化」は時間経過と共に自然に起こる事態に用いられる。一方、「徴候に基づく予測」は話し手の判断が加わる。

2-5. その他の派生的な用法

  • (10) A thousand in cash is going to be in your bank account in the morning. (午前中に1000ドル, 現金であなたの口座に振り込んでおきます)
  • (11) You are not going to sit outside the room. (部屋の外に座ってはなりません)
  • (12) He‘s going to pay for this. (奴はこの代償を支払うことになるだろう)
  • (13) No one is going to hassle me anymore. (もう誰にも邪魔させません)

(10: テンスとアスペクトの語法)

be going toは場面によって、様々な派生的な意味で使われる。

(10)は約束、(11)は命令、(12)は警告、(13)は拒絶の意味である。

3. be going toの発展的な使い方

be going toの注意すべき発展的な使い方を見ていこう。

3-1. 実現しなかったこと

  • (14) We were going to do the cleaning, but we couldn’t. (私たちは清掃しようとした、しかしできなかった)

be going toのbe動詞が過去形の場合、to以下に示される出来事が実現しなかったことをあらわす。

(14)は清掃するよう準備(あるいは心構え)が進んでいたものの、何らかの理由により、それができなかったと述べられている。

3-2. 近い未来と遠い未来

  • (15) He is going to visit his mother on Sunday. (彼は日曜日に母のところを訪れるつもりだ)
  • (16) She says she’s going to be a jockey when she grows up. (彼女は大きくなったらジョッキーになると言っている)

(16: ロングマン アレクサンダー英文法)

be going toは「意図」と「予測」のいずれの場合も、通常は「近い未来」に起こる出来事を述べる。例えば、(15)では(今週の)日曜日に訪問する旨が述べられている。

一方、場合によって、be going toは「遠い未来」をあらわすことがある。この場合、whenなどの時をあらわす節を伴う。(16)の「彼女が大きくなったら」は、明らかに、近い未来の話ではない。

3-3. 話者の関心

  • (17) Tomorrow is going to be another cold day. There will be snow on high ground, and many mountain roads will be impassable… (明日も寒い1日になりそうです。高所では雪が積もり, 多くの山道が通行不能になるでしょう。)

(コーパス英文法)

天気予報などでは、はじめにbe going toを用いた後、willを用いることがある。

(17)は、be going toで場面を設定したのち、予測をあらわすwillがその詳細を説明するという、話者の関心の推移が見られる。

3-4. have toやbe able toなどの後続

  • (18) We‘re going to have to talk about this. (話し合いが必要ですね)
  • (19) I don’t think we are going to be able to return any time soon. (すぐには戻れないと思います)
  • (20) You‘re going to have taken market share. (市場シェアを獲得できるでしょう)
  • (21) I was going to be promoted in December. (12月に昇進する予定だった)
  • (22) Students are going to be learning a new skill. (学生たちは新しいスキルを学ぶことになります)
  • (23) I‘m going to try to keep in touch. (連絡を続けるようにします)

be going toの後には、have toやbe able toなどの要素を続けられる。

(18)はhave to、(19)はbe able to、(20)はhave -en(現在完了)、(21)はbe -en(受動態)、(22)はbe -ing(進行形)の例である。(23)のようにtry toが続くこともある。

3-5. goとcome

  • (24) Next, we are going to go to Preview. (次は「プレビュー」に行きましょう)
  • (25) He‘s not going to come today. (彼は今日来そうにない)

文体的には避けるべきと言われるが、言語使用の実際として、be going toにgoやcomeが続くことがある。

(24)はbe going to go toの例、(25)はbe going to comeの例である。

be going to go toはなぜ響きが悪いのか
going toとgo toが重複しているからである。(24)であればwe are going to Preview.といったほうが自然に聞こえる。(25)も同様にHe’s not coming today.と言ったほうがよい。

4. willとbe going toの違い

be going toはwillとの区別がしばしば問題となる。これらの使い分け方を説明していこう。

4-1. 発話の時点で決まっていたかどうか

  • (26) There is no soy sauce in the house. (家に醤油がないね)
    • (26a) I’ll get some tomorrow. (それなら明日買ってこよう)
    • (26b) I’m going to get some tomorrow. (明日買いに行きますよ)

willは「その場で決めたこと」の意味があるのに対し、be going toは「すでに決めていたこと」を表す点に違いがある。

例文では、話し手の「家に醤油がないね」という発言に対し、(26a)では「その場で決めたこと」のwillが使われている。話し手に醤油がないことを指摘され、「それなら明日買ってこよう」と決めた。

一方、(26b)は「すでに決めていたこと」のbe going toが使われている。家に醤油がないことは事前に知っており、「明日買いにいくつもりだったんだよ」と伝えことになる。

be going toが不自然な場合
“The phone’s ringing.” (電話が鳴っているよ)には、”I’ll get it.” (私が取るよ)の返答が自然である。電話が鳴ったのを聞いてはじめて、応対するという決定ができるからである。

4-2. 原因や予兆が既にあらわれている未来

  • (27) It will rain tomorrow. (明日は雨でしょう)
  • (28) It‘s going to rain. (雨が降りそうだ)

willは「単純な未来」をあらわすのに対し、be going toは「原因や予兆が既にあらわれている未来」に用いる。

(27)はwillが使われている。天気予報などで「明日は雨でしょう」と言及している場面である。

一方、(28)はbe going toが使われている。話し手のいる場所で雨雲が出てきて、「今にも雨が降りそうだなぁ」とつぶやいでいるようなニュアンスである。

be going toは主観的
be going toが原因や予兆から状況をあらわす以上、willに比べて主観的に判断していると言ってもよい。

4-3. 条件性と不可避性

  • (29) Don’t sit on the rock, it’ll fall. (その岩に腰掛けないで、落ちるよ)
  • (30) Don’t sit on the rock, it’s going to fall. (その岩に腰掛けないで、落ちそうだよ)

willは「条件性」、be going toは「不可避性」をあらわす点にも違いがある。

(29)はwillが使われている例である。willは条件をあらわすので、「岩に腰掛けると落ちる(だから、腰掛けないで)」の意味になる。

(30)はbe going toが使われている。be going toは不可避な状況をあらわすので、「(もともと岩が落ちそうなので)腰掛けないで」の意味になる。

兆候に基づく予測
ここでのbe going toは「2-4. 兆候に基づく予測」のことである。

4-4. 条件文の主節

  • (31) If you visit our town you will be warmly welcomed. (この町を訪れれば、きっと暖かく迎えられるでしょう)
  • (32) If you push the button, someone‘s going to sue you. (このボタンを押したら、訴えられますよ)

(31: OALD10)

通常、(31)にような条件文ではbe going toは使われず、willが用いるのが普通である。

一方、(32)のように因果関係が明確で、「よくない結果」をもたらすような場合、be going toも使用できる。

注: (32)の直訳は「もしあなたがこのボタンを押したら、誰かがあなたを訴訟しますよ」だが、日本語として自然にするため、「訴えられますよ」と意訳した。

4-5. 現在進行形とbe going toの違い

  • (33) I’m meeting Tom at the station at six. (私は6時にトムを駅に迎えに行く予定です)
  • (34) I’m going to meet Tom at the station at six. (私は6時にトムを駅に迎えに行くつもりです)

(実例英文法)

現在進行形とbe going toの違いについても触れておきたい。

(33)の現在進行形では、トムと既に会う約束している含みがある。そのため、駅でトムと会っても、驚かれることはない。

一方、(34)のbe going toでは、トムと約束を交わした含みはない。駅でトムと会った際、びっくりされるに違いない。

注: 「現在進行形とbe going toの違い」は『実例英文法』を参照した。

参考: be going toはなぜ助動詞的に使われるのか

  • (35) She is going [to visit Bill]. (彼女はビルを尋ねに行く)
  • (36) She [is going to] visit Bill. (彼女はビルを尋ねるつもりだ)
  • (37) She [is going to] like Bill. (彼女はビルを好きになるだろう)
  • (38) She [is gonna] like / visit Bill.

(文法化する英語)

be going toはもともと、動詞goの進行形(be going)にto不定詞がついたものだった。(35)はbe goingが「行く」の意味で本動詞として使われている例である。

(36)はbe going toが助動詞的に使われており、visit(…を尋ねる)が本動詞となっている。(37)はbe going toの助動詞化が進み、like(…が好き)のような状態動詞が使われている。

さらに、(38)のようにくだけた言い方では、be going toがbe gonnaと一体化するので、よりいっそう助動詞に近づいた形となる。

用語の解説
be going toは準助動詞(あるいは疑似助動詞)と呼ばれることもある。

注: 「参考: be going toの歴史」は『文法化する英語』を参照した。

まとめ: be going toを極める

この記事では、英語のbe going toについて詳細を解説してきた。

内容をまとめると次のようになる:

  1. be going toは意図や予測をあらわす
  2. 場合によって命令や警告をあらわすことがある
  3. 過去形では実現しなかったことの意味になる
  4. have toやbe able toが後続することもある
  5. willはその場で決めたこと, be going toは既に決まっていたことをあらわす

トイグルでは他にも、英文法に関する記事を執筆している。興味のある方はぜひご覧いただきたい。

トイグル英文法 トイグル式英文法|英語文法の学習に必要な知識と情報のすべて

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です