英語の疑問代名詞とは?全5種類の使い方をわかりやすく説明

疑問代名詞

英語の疑問代名詞とは、不明な名詞句について尋ねる際に使う代名詞である。

疑問代名詞にはwho(誰)、whom(誰を)、whose(誰の)、what(何)、which(どれ)がある。

英語を勉強しているあなたは、次のような疑問を持っていないだろうか?

  • 疑問代名詞の使い方を知りたい…
  • 疑問代名詞の違いや区別を知りたい…

そこでトイグルでは、英語の疑問代名詞について詳細を解説していく。学習の参考になるはずだ。

*目次

1. 疑問代名詞は不明な名詞句を尋ねる際に用いる

はじめに、疑問代名詞の一覧を見てみよう。

主格所有格目的格
who
(誰)
whose
(誰の)
whom
(誰を/誰に)
what
(何)
what
(何を/何に)
which
(どれ)
which
(どれを/どれに)

who(誰)、whose(誰の)、whom(誰を/誰に)は「人」について尋ねる際に使う疑問代名詞である。whoは主格(主語の位置)、whoseは所有、whomは目的格(目的語の位置)に使う。

what(何/何を/何に)は「もの」について尋ねる際に使う疑問代名詞である。whatは所有格を持たず、主格と目的格の形が同じである。

which(どれ/どれを/どれに)は「人・もの」について尋ねる際に使う疑問代名詞である。whichは所有格を持たず、主格と目的格の形が同じである。

英語の格について
簡単に言えば、主格は主語、所有格は所有、目的格は動詞や前置詞の目的語の位置に使われる時の形である。

2. 疑問代名詞の使い方

疑問代名詞には代名詞用法限定詞用法(= 形容詞用法)の2つがある。一覧を示すと、以下のようになる。

代名詞用法限定詞用法
who×
whom×
whose
what
which

代名詞用法は疑問代名詞を代名詞として用いるものである。たとえば、Who is he? (彼は誰)のwhoは代名詞用法である。

限定詞用法は疑問代名詞が名詞と共に使われるものである。たとえば、Whose bag is this? (この鞄は誰のものですか)のwhoseは限定詞用法である。

それぞれの疑問代名詞の使い方を見ていこう。

用語の解説
疑問代名詞の限定詞用法は「疑問形容詞」と呼ばれることがある。本記事では代名詞用法と限定詞用法をあわせて疑問代名詞とした。

2-1. who

  • (1) Who is Brian Tracy? (ブライアン・トレーシーとは誰ですか)
  • (2) Who built this temple? (この神社を建てたのはどなたですか)

whoは「誰」の意味で、人について尋ねる疑問代名詞である。whoは代名詞用法のみで用いる。

(1)はbe動詞、(2)は一般動詞の例である。

2-2. whom

  • (3) Whom did you call? (あなたは誰に電話しましたか)
  • (4) For whom do you serve? (あなたは誰にお仕えしているのですか)

whomは「誰の/誰に」の意味で、人について尋ねる疑問代名詞である。whomは代名詞用法のみで用いる。

(3)はwhomが他動詞call(電話する)の目的語として、(4)はwhomが前置詞forの目的語として用いられている例である。

尚、(3)のような他動詞の目的語の場合、whomはwhoで代用されることが多い。whomはかしこまった響きを与えるからである。

  • (3′) Who did you call? (あなたは誰に電話しましたか)

2-3. whose

  • (5) Whose is this smartphone? (このスマートフォンは誰のものですか)
  • (6) Whose smartphone is this? (これは誰のスマートフォンですか)

whoseは「誰の」の意味で、所有者について尋ねる疑問代名詞である。whoseは代名詞用法と限定詞用法の2つがある。

(5)はwhoseが代名詞用法で使われている例で、「このスマートフォンは誰のものですか」の意味になる。

(6)はwhoseが限定詞用法で使われている例で、「これは誰のスマートフォンですか」の意味になる。

whoseはwhoの所有格に相当する
whoseはwhoの所有格に相当する語である。whoには所有格がないからである。

2-4. what

  • (7) What happened? (何が起きたのですか)
  • (8) What is your opinion? (あなたの意見は何ですか)
  • (9) What color is your hair? (あなたの髪は何色ですか)

whatは「何/何を/何に」の意味で、主に不特定の物について尋ねる疑問代名詞である。whatは代名詞用法と限定詞用法の2つがある。

(7)と(8)はwhatが代名詞用法で用いられている例である。(7)は一般動詞、(8)はbe動詞が使われている。

(9)はwhatが限定詞用法で用いられている例である。what colorは「何の色」の意味と解釈するとよい。

人に対して用いるwhat
What are you?(あなたは何者ですか)のように、疑問代名詞whatを人に用いることもある。ただ、失礼な言い方に聞こえる場合が多いので、使い方には注意が必要である。

2-5. which

  • (10) Which do you prefer? (あなたはどちらを好みますか)
  • (11) Which way do you go? (どちらの道を行きますか)
  • (12) Which of the following statements is correct? (次の陳述のどちらが正しいのですか)

whichは(どれ/どれを/どれに)の意味で、2つ以上の特定の人や物から尋ねる疑問代名詞である。whichは代名詞用法と限定詞用法がある。

(10)はwhichが代名詞用法、(11)はwhichが限定詞用法として用いられている例である。

(12)のように、Which of Xの言い方が可能である。これはwhichの指す範囲を明確にする場合に用いる。

who, whom, whose, what, whichは関係代名詞としても使われる
これまで紹介したwho, whom, whose, what, whichは関係代名詞としても使われる。たとえばwhoであれば、疑問代名詞と関係代名詞の2つの用法がある。関係代名詞は疑問代名詞と異なるものなので、本記事では紹介していない。関係代名詞については別記事で紹介しているので、深く知りたい方はご参照いただきたい。

3. 疑問代名詞の注意すべき用法

疑問代名詞に関して、注意すべき使い方を紹介していこう。

3-1. whatとwhichの違い

疑問代名詞whatは話し手が不特定の範囲を前提としながら、「何」の意味で用いる。一方、疑問代名詞whichは話し手が特定の範囲を前提としながら、「どれ」の意味で用いる。

次の例文は、こうしたwhatとwhichの違いを端的にあらわしている。

  • (13) What writer do you like? (どんな作家が好きですか)
  • (14) Which writer do you like? (どの作家が好きですか)

(現代英文法講義)

(13)は不特定の作家を前提としていることから、作家一般に関する質問である。(14)は特定の作家を前提としていることから、すでに名前のあがっている特定の作家に関する質問である。

whichを特定できる対象に用いることはできない。次の例文が文法的に不可なのは、通常、人間の指は5本と範囲が決まっているからである。

  • 誤: What finger have you hurt?

正しくは、次のように言わなくてはならない。

  • (15) Which finger have you hurt? (どの指を切ったのですか)

(Collins Cobuild English Usage)

ただし、場合によっては、whatとwhichのどちらも使えるときがある。次の例文では、whichとwhatに意味の差はほとんどない。

  • (16) Which/What is the hottest city in the world? (世界のもっとも暑い都市はどこですか)

(Practical English Usage)

世界の都市には限りがあるので厳密にはwhichが正しい。ただ、話し手が都市の範囲を明確に意識せず、「(たくさんの無数の)都市の中でどこが一番暑いか」といったことを前提とするなら、whatを選んでも問題ない。

3-2. 疑問代名詞と前置詞の位置

疑問代名詞who/whomが前置詞の目的語になるとき、文体によって前置詞の位置が変わる。

次の例文のように前置詞が文頭にある場合が、もっともフォーマルである。

  • (17) To whom should I send transcripts? (成績証明書は誰に送ればいいですか)

前置詞は文末に残留することもある。この場合、フォーマルさはやや薄れる。

  • (18) Whom should I send transcripts to? (成績証明書は誰に送ればいいですか)

会話ではwhomの代わりにwhoを用いることが多い。これがもっとも普通の言い方である。

  • (19) Who should I send transcripts to? (成績証明書は誰に送ればいいですか)

3-3. 疑問代名詞whoを複数扱いする場合

疑問代名詞whoは通例、単数扱いで用いる。

  • (20) Who is in charge of the office? (事務所の責任者はどなたですか)

一方、想定される答えが複数の場合、whoを複数扱いにすることがある。

  • (21) Who have not heard of her name? (彼女の名前を聞いていないのはどなたですか)

つまり、whoは単複同形の疑問代名詞と考えて差し支えない。

疑問代名詞whatも複数扱いにできる
疑問代名詞whoだけでなく、whatも複数扱いを取れる。

3-4. 疑問代名詞における主語と補語の区別

主格の疑問代名詞が問うのは、主語の場合と補語の場合の二通りがある。次の例文を比較してみよう。

  • (22) Who is in charge of that? (それの責任者は誰ですか)
  • (23) Who is Mr. Boring? (ボーリングさんとは誰ですか)

(22)のwhoは文の主語、(23)のwhoは文の補語である。これは、whoに想定される答えを入れれば明らかになる。

  • (22′) Richard is in charge of that. (リチャードが責任者です)
  • (23′) Mr. Boring is a doctor. (ボーリングさんは医師です)

次の例文は、疑問代名詞が主語と補語のどちらを尋ねているか、文の形からだけではわからない。したがって、答え方も二通りが可能である。

  • (24a) What is the capital of Japan? (日本の首都はどこですか)
    • (24b) Tokyo is. (東京です)
    • (24c) It’s Tokyo. (それは東京です)

(24b)のように答えれば、主語について問われていた(と回答者が考えた)ことになる。(24c)のように答えれば、補語について問われていた(と回答者が考えた)ことになる。

注: 英語で話せるようになるには、こうした「分類」は必ずしも必要ではない。ただ、英文を読んだり書いたりできるようになるには、文法に対する明示的な知識もある程度必要ではなかろうか。

4. まとめ

この記事では、英語の疑問代名詞について詳細を解説してきた。

内容をまとめると次のようになる:

  1. 疑問代名詞は不明な名詞句を尋ねる際に用いる
  2. 疑問代名詞はwho, whom, whose, what, whichがある
  3. who, whom, whoseは人、whatは物、whichは人と物に対して使う
  4. whatは不特定、whichは特定の範囲を対象とする
  5. 主格の疑問代名詞は主語と補語のどちらにもなり得る

トイグルでは他にも、英文法に関する記事を執筆している。興味のある方はぜひご覧いただきたい。

トイグル英文法 英文法まとめ!はじめて学ぶ英語文法の全知識

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です