TOEIC対策のマンツーマン指導を行います。詳しくはこちら!

英語の否定形とは? notの使い方とよくある5つの間違いを説明

英語の否定表現とは、notなどの語を用いて「…ではない」を表す用法である。

例えば、I’m not busy. であれば「私は忙しくない」の意味になる。

否定は日常会話からかしこまった文章まで、様々な場面で使われる。一方、否定はネガティブな意味を持つこともあるので、誤った使い方をしないよう注意したい。

そこでトイグルでは、英語の否定表現について詳細を解説していく。否定によくある5つの文法ミスについても取り上げるため、英語を実践的な場面で使う方にも役立つ。

この記事を読めば否定表現の全体像がわかる。そして、適切な方法で否定を使えるようになるはずだ。

*目次

1. 否定は副詞や代名詞を横断的に使う表現

私たちがことばを使ってコミュニケーションを取る際、何らかの形で否定を含む表現は、日常的に極めて頻繁に出現する。

例えば、「これはあなたの財布ですか?」と聞かれて、その内容が事実と異なれば、あなたはきっと「いいえ、違います」と答えるだろう。

あるいは、「私は昨日勉強しませんでした」とか、「事故はありませんでした」など、内容の善し悪しにかかわらず、物事を否定的な文脈で伝えることは多い。

英語において、否定は様々な品詞を用いてつくられる。もっとも典型的な例はnot(…でない)などの副詞であり、他にもfew(ほとんど…ない)などの形容詞nothing(何も…ない)などの代名詞neither A nor B(AもBも…でない)などの接続詞が使われる。

このように、英語の否定は様々な文法的要素を横断的に用いる点に特徴がある。当然、用法にはニュアンスの違いがあるから、場面によって適した表現を選べる状態が望ましい。

もちろん、英語初心者の方であれば、最初からすべてを身につけるのは難しい。まずは、もっとも頻繁に使われるnotを学び、徐々に表現の幅を広げていくのが良いだろう。

それでは、英語の否定表現はどのように使うのだろうか? 以下、詳細を見ていこう。

2. notを用いた否定表現

否定表現で圧倒的によく使われるのがnotである。notを用いた否定について説明していく。

2-1. be動詞に使うnot

be動詞notを使う場合、notを直接つける。

  • It is not raining. (雨は降っていない)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

会話では、n’tのような縮約形を用いることが多い。

  • It isn’t raining. (雨は降っていない)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

be動詞における否定の縮約形一覧は次のとおり。

isn’taren’t
wasn’tweren’t
am notは縮約しない
be動詞の中でam notだけは縮約せずそのままの形で使われる. (ain’tは現代英語では非標準的)

2-2. 一般動詞に使うnot

一般動詞にnotを使う場合、do/does/didなどの助動詞にnotをつける。

  • We do not allow smoking in the hall. (ホール内での喫煙は禁止です)
  • The problem does not seem soluble. (その問題は解決可能のようではない)
  • She did not see him. (彼女は彼に会っていない)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

willshouldなどの助動詞があれば、それら助動詞にnotをつける。

  • Your opinion will not affect my decision. (あなたの意見は私の決断に影響を与えない)
  • I cannot believe the price of the tickets! (そのチケットの価格は信じられない)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

do/does/didおよび他の助動詞の否定は、縮約形でも使用できる。

  • She didn’t see him. (彼女は彼に会っていない)
  • You shouldn’t drink and drive. (飲んだら運転すべきではない)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

助動詞における否定の縮約形一覧は次のとおり。

don’tdoesn’t
didn’tcan’t
couldn’tshouldn’t
won’twouldn’t
cannotとwon't
canの否定はcan notよりもcannotと続けて書くことが多い. will notの縮約形はwon’tとなる(willn’tではない).

2-3. 現在完了のhaveに使うnot

現在完了のhave/hasおよび過去完了のhadが使われる場合、have/has/hadnotをつける。haven’t, hasn’t, hadn’t等の縮約形も使用できる。

  • These facts have not yet been proved. (これらの事実はまた証明されていない)
  • I haven’t answered her email yet. (私はまた彼女のメールに返信していない)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

2-4. その他の要素を否定するnot

notは動詞のほかにも、名詞、不定詞、分詞などの様々な要素を否定できる。

  • 名詞: Not all of them were invited. (すべての人が招待されたわけではなかった)
  • 不定詞: She’s decided not to accept the job. (彼女はその仕事を引き受けないことを決めた)
  • 分詞: I walked down the hallway, not knowing where I was heading. (私は玄関に降りていった, どこに向かっているかわからずに)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

否定の縮約形はカジュアルな雰囲気をつくる
not否定の縮約形は会話などのくだけた場面で使われることが多い. 文章では縮約形を用いないことが多いが, あえて縮約することで, 親しみやすさを演出することもできる.

3. not以外の語句を用いた否定表現

否定表現はnot以外の語句でもつくることができる。

ここではnever(決して…ない), neither(どちらの…も…でない), no(…のない), few/little(ほとんど…ない), rarely/seldom(めったに…ない)の使い方を紹介しよう。

3-1. never

neverは「一度も…したことがない」や「決して…ない」を意味する副詞である。never強い否定を表す。

  • He has never been abroad. (彼は一度も外国に行ったことがない)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

neverを強調するため、never ever(絶対…しない)と言うこともできる。この表現は会話で使われることが多い。

  • I’ll never ever do that again! (私はもう絶対それをしません!)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

3-2. neither

neitherは形容詞として使われれば「どちらの…も…でない」の意味になる。

  • Neither answer is correct. (どちらの答えも正しくない)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

neitherは接続詞としても使用できる。neither A nor Bで「AもBも…しない」の意味。

  • Their house is neither big nor small. (彼らの家は大きくも小さくもない)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

neither A nor B
neither A nor BはTOEIC文法問題でもよく問われる. neitherが空白になる場合と, norが空白になる場合のどちらのあるため, 覚えておくようにしたい.

3-3. no, none, nothing

no(…のない), none(何一つ…ない), nothing(何も…ない)も否定表現でよく使われる。

  • There were no letters this morning. (今朝手紙はなかった)
  • None of these pens work/work. (これらのペンは何一つ機能しない)
  • There was nothing in her bag. (彼女のバッグの中には何もない)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

ゼロの物がある
日本語では「ゼロの◯◯がある」といった言い方はしないが, 英語では「ゼロの手紙があった→手紙がなかった」のような解釈ができる.

3-4. few, little

fewlittleはどちらも「ほとんど…ない」を意味する。違いは、fewが数えられる名詞と共に使われるのに対し、littleは数えられない名詞に使う。

  • Few people understand the difference. (ほとんどの人が違いを理解できなかった)
  • There was little doubt in my mind. (私の心の中に疑いの気持ちはほとんどなかった)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

尚、a fewa littleは「いくらかの…がある」といった肯定的な意味合いになる。

  • We’ve had a few replies. (私たちは2, 3の返信を受け取った)
  • Blend a little milk with two tablespoons of syrup. (いくらかのミルクを2杯のシロップと混ぜてください)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

3-5. rarely, seldom

rarelyは「まれにしか…ない」、seldomは「めったに…しない」を意味する弱い否定である。

  • We rarely agree on what to do. (私たちはまれにしか何をすべきかで同意しない)
  • They seldom watch television these days. (人々は近頃ではめったにテレビを観ない)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

接頭辞・接尾辞による否定
un-, in-, il-などの接頭辞, -lessなどの接尾辞でも, 否定的な意味の表現ができる.

  • Smith looked unhappy today. (スミスは今日悲しそうだった)

4. 否定表現を用いた様々な文

否定表現は平叙文・疑問文・命令文など様々な文で用いられる。文の種類ごとに否定の使い方を見ていこう。

4-1. 否定の平叙文

否定の平叙文では文全体特定の語のどちらが否定の対象となるか、注意して考えなければならない。2つの例文を比較してみよう。

  • 文否定: Temperatures will not rise above zero tonight. (気温は今夜ゼロ度よりも上がらない)
  • 語否定: Dinner will be a cold buffet, not a sitting down meal. (夕食はコールドビュッフェです, 腰を下ろしてとる食事ではありません)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

上の例文は「気温がゼロ度よりも上がる」を否定しているから、notは文全体を対象とする文否定である。

  • Temperatures will not rise above zero tonight.
  • → NOT [Temperatures will rise above zero tonight]

一方、下の例文は「腰を下ろしてとる食事」のみを否定するから、特定の語句が対象となる語否定である。

  • Dinner will be a cold buffet, not a sitting down meal.
  • → [Dinner will be a cold buffet, NOT [a sitting down meal.]]

4-2. 否定の疑問文

否定を使った表現は疑問文にもできる。例を見てみよう。

  • 肯定の疑問文: Is this laptop yours? (このノートパソコンはあなたのですか?)
  • 否定の疑問文: Isn’t this laptop yours? (このノートパソコンはあなたのではないですよね?

否定の疑問文で注意をしなくてはならないのは、返答の仕方である。日本語では、「はい/いいえ」は相手に同意するかどうかを表す:

  • このノートパソコンはあなたのではないですよね?
  • → はい、私のものではありません。
  • → いいえ、私のものです。

一方、英語では疑問文が肯定・否定にかかわらず、肯定の内容で返答する際はYes、否定の内容を返答する場合はNoではじめる:

  • Isn’t this laptop yours? (このノートパソコンはあなたのではないですよね?)
  • → Yes, it is. (Yes, これは私のものです。)
  • → No, it isn’t. (No, これは私のものではありません)

要するに、英語のYes/Noは日本語の「はい/いいえ」と同義ではないのである。

取り急ぎ、英語ではどんな疑問文でも肯定の内容ならYes、否定の内容ならNoと覚えておこう。

否定的な返答に使うnot
疑問文に対してYes-No以外の返答方法もある. 例えば, Are they reliable? (彼らは信頼できますか?)に対してI believe not. (そう思いません)といった返答もできる. こうした表現は会話ではごく普通に行われる.

(上記の例文はCGEL)

4-3. 否定の命令文

否定を使った表現は命令形にもできる。

一般動詞の場合はDon’tを文頭につける。

  • Don’t play your music so loud. (音楽を大音量で流さないでください)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

Be動詞を使う文においても、Don’tを使用する(Be notは不可)。

  • Don’t be afraid. (恐れるな)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

Don’tのかわりに、Neverを使用することもできる。

  • Never smoke near a naked flame. (むき出しの火のそばでは決して喫煙しないこと)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

否定の感嘆文
否定の感嘆文もある. 例えば, Isn’t that grand!は「すごいじゃないか!」の意味.

5. 否定表現によくある5つの間違いとその解決策

否定表現をつくる際によくある5つの間違いと、その対処法について述べていこう。

5-1. notの位置: I think…notよりもI don’t think…

「私は彼が来ないと思う」を英語にする場合、あなたならどのような英文をつくるだろうか? おそらく、多くの方は次のように言うだろう:

  • I think he is not coming. (私は彼が来ないと思う?)

「彼が来ない、と思う」なので、上記の文は論理的にはあり得る。文法的にも必ずしも間違いとは言えない。

しかし、実際の英語使用場面では、he is not comingとする代わりに、notをthinkの側につけて次のように書く:

  • I don’t think he is coming. (私は彼が来ないと思う)

文字通りの意味は「私は彼が来るとは思わない」だが、意図した「私は彼が来ないと思う」も上記の文で解釈可能である。意味が曖昧にはなるものの、それでもthinkの側にnotをつけるほうが自然な英語として好まれる。

このように、not否定が本来の位置から移動する現象は他にも、believe(信じる), expect(…するだろうと思う), appear(…らしい), seem(…と思われる)などの語で発生する。

これらの表現は会話で頻繁に用いられるので、違和感なく使えるようにしたい。

5-2. 否定の作用域: 否定の範囲を見極める

否定の作用域とは、文中で否定が意味的に及ぶ範囲を指す。次の2つの例文を比較してみよう。

  • I didn’t omit my name deliberately. (私はわざと名前を削除したわけではない)
  • I deliberately didn’t omit my name. (私はわざと名前を削除しなかった)

(A Student’s Introduction to English Grammar)

2つの例文は同じ単語で構成されているが、deliberately(わざと)の位置が異なる。

上の例文はdeliberatelynotの作用域内に入っているから、「名前をわざと削除した、わけではない」の意味になる。

一方、下の例文はdeliberatelynotよりも前に来ているから、「名前を削除しなかったのは、わざと」の意味になる。

こうした意味の違いは、英語を実際に書いたり話したりする場面で重要な知識になる。

例えば、英文Eメールをやり取りする際、「文法的に正しい文を作っているはずなのに、話が噛み合わない」と感じる場面があるだろう。

このようなコミュニケーションエラーが発生する原因の1つに、上記のような小さな解釈の違いの積み重ねがある。英語をアウトプットする機会のある方は、注意しておきたい。

5-3. 二重否定: 回りくどい表現と許容される表現の違い

日本語で「あなたを採用しないわけではない」があいまいなように、英語でも二重否定(否定の否定)は回りくどい印象を与える。例を見てみよう。

  • It’s not unusual for young doctors to work a 70-hour week. (若い医者にとって週に70時間働くのは普通でないわけではない)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

「普通でないわけではない」ということは、要するにそれなりの頻度で起こっている、ということである。

ただし、否定の否定が容認される場合もある。

  • You can’t make an omelette without breaking eggs. (卵を割ることなくオムレツは作れない)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

「卵を割ることなくオムレツは作れない」は、「卵を割ればオムレツを作れる」ことを示唆する。notの及ぶ範囲は「オムレツをつくる」までで、「卵を割ること」はその条件となっている。

私たち日本人が英文を書く際は、できるだけ簡素でわかりやすいものが望ましい。ただ、状況によって二重否定を使わざるを得ない場合は、こうした違いを意識できると良いだろう。

5-4. 全体否定と部分否定の違い

否定を使った文の解釈の違いを生み出すもう一つの要因に、全体否定部分否定がある。例を見てみよう。

  • 全体否定: I’m not happy about the plan. (私はその計画に満足していない)
  • 部分否定: I’m not entirely happy about the plan. (私はその計画に完全に満足なわけではない)

どちらもnotの範囲が文全体に及んでいるが、entirely(完全に)の有無で解釈の違いが出る。

entirelyのない文(全体否定)は直接的に「私はその計画に満足していない」を意味する。

  • I’m not happy about the plan. (私はその計画に満足していない)
  • → NOT [I’m happy about the plan]

一方、部分否定の文は「完全に満足、ではない」と、否定の中にもやや含みをもたせている。

  • I’m not entirely happy about the plan. (私はその計画に完全に満足なわけではない)
  • → NOT [I’m entirely happy about the plan]

否定表現にはネガティブな意味合いもあるから、あまり直接的に否定をすると、場合によって相手の面子を潰すことになりかねない。ビジネスシーンなどでは、こうした間接的な表現を使えるようにしたい。

5-5. 否定表現における付加疑問文の使い方

付加疑問文とは、You’re new here, aren’t you?(あなたは新人ですよね?)のように、文末に疑問形を付加するタイプの文を指す。

原則的に、肯定文では否定の付加疑問、否定文では肯定の付加疑問をつける:

  • Your aunt is coming today, isn’t she? (あなたのおばは今日来ますよね?)
  • Your aunt isn’t coming today, is she? (あなたのおばは今日来ないですよね?)

(The Grammar Book)

hardly(ほとんど…ない)やnever(決して…ない)など否定語があれば、否定文と捉えられるので、肯定の付加疑問をつける:

  • That hardly counts, does it? (あれはほとんど重要ではないですよね?)
  • You’ve never been to Benidorm, have you? (あなたはベニドルムに行ったことがないですよね?)

(Collins Cobuild English Grammar)

一方、unkind(不親切な)のような接辞否定の場合、文自体は肯定文と捉えられるので、否定の付加疑問をつける:

  • He was unkind, wasn’t he? (彼は不親切ですよね?)
  • He wasn’t kind, was he? (彼は親切ではないですよね?)

(A Student’s Introduction to English Grammar)

まとめ: 否定表現を上手に使おう

この記事では英語の否定表現について詳細を解説してきた。

内容をまとめると次のようになる。

  1. 否定は「…ではない」を意味する一連の表現
  2. 否定はnotを使うことが多い
  3. not以外にもnever, no, fewなどで否定を表す
  4. 否定は平叙文・疑問文・命令文に使える
  5. notの位置など否定の注意点を意識する

正しい方法で否定を使えば、より円滑なコミュニケーションができるようになる。困った時はこの記事に戻ってきてほしい。きっとあなたの求める答えが見つかるはずだ。

トイグルでは他にも、英文法に関する記事を執筆している。興味のある方はぜひご覧いただきたい。

英文法まとめ!はじめて学ぶ英語文法の全知識

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です