TOEIC対策のマンツーマン指導を行います。詳しくはこちら!

英語教師が自信を持っておすすめするTOEIC参考書10選

TOEIC Listening and Reading Testで成果を上げるには、参考書選びが何よりも重要である。

良い参考書はスコアアップに役立つだけでなく、学習時間の短縮をもたらす。わかりやすい参考書はモチベーションを向上させ、TOEIC試験対策の成功をもたらす。

しかし、ひとたび書店に足を運ぶと、TOEICや英語学習に関連する書籍のあまりの多さに驚く。本の評判はネット書店のレビューでわかるが、結局どれを選べばいいのかわからない。

そこでトイグルでは、TOEIC教材の選び方とおすすめ10選を紹介しよう。現役英語教師の筆者の目から見た、「これを選んでおけば大丈夫」といった本を解説付きで取り上げたい。

この記事を読めばTOEIC参考書を迷わず購入できるようになる。そして、すぐにでも学習をはじめられるようになるだろう。

*筆者はTOEIC公開テストを毎回受験し、最新の傾向と対策を研究しています。当エントリーはそれを元に2018年12月に全面改訂しました。

*TOEIC教材の選び方

TOEIC教材を選ぶポイントは、その書籍のジャンルを見極めることにある。市販のTOEIC教材は、主に次の6ジャンルに分類される。

いま、会社員Aさんは人事評価のため、半年以内にTOEIC 600点を取らなくてはならない。1冊の教材をやり込むか、複数の参考書を買うべきか悩んでいる。

そこで筆者なら、次の5ジャンルを選ぶようおすすめするだろう。

  • 各パートの解き方を知るため学習参考書を一通り読む
  • 語彙力の基礎を作るため単語帳で語句を覚える
  • 文法力の基礎を作るため文法問題集を解く
  • 読解力の基礎を作るためリーディング問題集を解く
  • 本番力を養うため公式問題集を解く

TOEICは異なる7パートを解く試験なので、初心者であっても総合的な対策が必要である。1冊で全パート・全能力に対応できる教材は存在しないため、スコアを上げるには複数冊を組み合わせて使うのが望ましい。

Aさんは初心者向けの書籍を中心に5ジャンルを選んだ。もちろん、はじめから5冊すべてを進めるのではなく、時間をかけて1つずつ終えてゆくイメージだ。

以下、ジャンル別におすすめの教材を紹介していく。参考書選びのヒントにしてほしい。

1. 公式 TOEIC Listening & Reading 問題集

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4

『公式 TOEIC Listening & Reading 問題集』は、TOEIC試験を制作するETSがつくる問題集。「公式問題集」の名称でおなじみ。

TOEIC本番試験は問題用紙の持ち帰りが禁止されているので、過去問題集(過去問)が存在しない。試験にもっとも近いクオリティで学習できるのが、この公式問題集である。

公式問題集は定期的に新刊が発売されており、2018年12月現在でもっとも新しいのが『公式 TOEIC Listening & Reading 問題集4』となる。初心者から上級者まで、TOEICを学習するなら必ず持っておきたい。

2. 世界一わかりやすい TOEIC L&Rテスト 総合模試1 (600点突破レベル)

CD2枚付 世界一わかりやすいTOEIC L&Rテスト総合模試1[600点突破レベル]

『世界一わかりやすい TOEIC L&Rテスト 総合模試1 (600点突破レベル)』は関正生氏によるTOEIC模試。本番と同じ「リスニング100問+リーディング100問」が2セット収録されている。

本書は「600点突破レベル」のテーマにあるように、実際の試験よりも難易度の低い設問で構成されている。解説も丁寧でわかりやすい。

TOEICにはじめて挑戦する方、あるいは英語力に自信のない方は本書から勉強をはじめてみよう。TOEICの全体像が理解できるはずだ。

3. TOEICテスト 新形式精選模試

TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング(CD-ROM1枚つき)

『TOEICテスト 新形式精選模試』はエッセンスイングリッシュスクールによるTOEIC模試。

本書はリスニング編(100問×5回分)とリーディング編(100問×5回分)に分けて販売されている。

合計1,000問(本番試験5回分)が解けるため、量をこなしてスコアを上げたい中・上級者の方におすすめ。

4. TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ』はTEX加藤氏によるTOEIC単語帳。「金フレ」の名称でおなじみ。

本書の特徴は、TOEICに頻出の英単語をフレーズで覚えられる点にある。例えば、anyway(とにかく)ならLet’s try anyway. (とにかくやってみよう)のようなフレーズで学ぶ構成になっている。

初心者向けには『TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ』も発売されているため、はじめての方は「銀フレ」からやってみても良い。

5. TOEICテストスーパー英単語

CD-ROM付 新装版 TOEIC(R)テスト スーパー英単語

『TOEICテスト スーパー英単語』はロバート・ヒルキ氏、小石裕子氏、ヒロ前田氏、白野伊津夫氏、ポール・ワーデン氏によるTOEIC単語帳。

本書はでる順でもスコア順でもなく、重要度順に5つのレベルでTOEIC頻出単語が紹介されている。目標スコア450点から900点までこれ1冊で対応できるので、コストパフォーマンスが高い。

「単語帳は1冊をやり込みたい」という方に向いている。

6. TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

『TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問』はTEX加藤氏による文法問題集。

本書は品詞問題、動詞問題、前置詞問題など、TOEIC Part5(短文穴埋め問題)の出題パターン別に設問が分かれている。セット問題もあるため、時間管理の練習もできる。

本書はTOEIC文法問題集の中で最高のクオリティであり、Part5対策はこの1冊でできる。一歩上のスコアを目指す受験者はぜひとも持っておきたい。

7. TOEIC L&R TEST 初心者特急 シリーズ

TOEIC L&R TEST 初心者特急 パート1・2 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

『TOEIC L&R TEST 初心者特急』はリスニング問題集。パート1・2編、パート3編、パート4編の3冊に分かれて発売されている。

本書は「初心者特急」のタイトルにもあるように、初心者向けに調整された難易度の低い設問でリスニングを練習できる。

リスニングが速くて聞き取れないと感じる方は本書からはじめてみよう。

8. TOEIC L&Rテスト Part2 応答問題 でる600問

[音声DL] TOEIC L&Rテスト Part2 応答問題 でる600問

『TOEIC L&Rテスト Part2 応答問題 でる600問』は、大里秀介氏によるリスニング問題集。Part2(応答問題)に特化した設問を628問解ける。

Part2は短文なので、長文リスニングを苦手と感じる初級者が力を入れたいパートだ。また、Part2は上級者であっても間違いやすい問題が多いので、ハイスコアを目指す方も必須である。

他の問題集を一通り解いたら、本書に着手してみよう。リスニングスコアの向上が実感できるはずだ。

9. 世界一わかりやすいTOEICテストの授業

新形式問題対応 改訂版 CD2枚付 世界一わかりやすい TOEICテストの授業(Part 1‐4 リスニング)

『世界一わかりやすいTOEICテストの授業』は関正生氏によるTOEICの入門書。リスニング編、文法問題編、読解編と3冊に分かれて発売されている。

リスニング編では解き方の解説だけでなく、聞き取りに関する説明も豊富だ。例えば、forは「フォー」ではなく「フ」と発音されるなど、他の参考書には取り上げられない点が多くて嬉しい。

文法編や読解編も丁寧に解説されているので、英語をはじめて学ぶ初心者におすすめ。TOEICを本格的に勉強するなら、3冊をまとめ買いして同時に取り組みたい。

10. TOEICテスト究極のゼミ

【新形式問題対応/CD-ROM付】 TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 2 & 1

『TOEICテスト究極のゼミ』はヒロ前田氏らによるTOEIC参考書。Part2&1編、Part3&4編、Part5&6編、Part7編と4冊に分かれて発売されている。

本書は入門レベルから難易度の高い設問まで1問ずつ丁寧に解説されている。各セクションの冒頭は教師と生徒の対話形式になっているので、学習内容が頭に入りやすい。

TOEIC初級者だけでなく中・上級者にもおすすめ。分量は多いが、しっかりとやれば実力の向上が実感できる。

*まとめ: 正しい参考書選びで最高の結果を出す

この記事では、TOEIC参考書の選び方とおすすめ10選を紹介してきた。

内容をまとめると次のようになる。

  1. TOEIC参考書はジャンル別に販売されている。
  2. TOEICで成果を出すには複数の教材を組み合わせて使用する。
  3. 学習の経過に合わせて買い足しても良い。
  4. 公式問題集は全受験者必須。
  5. 他の民間教材も優れたものが多い。

この記事で紹介した10冊のうち、TOEIC初心者の方に特におすすめなのが『世界一わかりやすい TOEIC L&Rテスト 総合模試1 (600点突破レベル)』と『TOEICテストスーパー英単語』の2冊。迷ったらこの2つを使おう。

トイグルでは他にもTOEIC学習に役立つ記事を書いている。勉強の途中にわからない点があれば、ぜひとも他の記事も参照してほしい。解決策が見つかるはずだ。

トイグル式!TOEICスコアを上げる勉強方法と成功事例のすべて

Good luck!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です