英語の遊離数量詞とは?使い方をわかりやすく説明

遊離数量詞

英語では、all、both、eachが代名詞的に使われる際、それらが名詞句から離れた位置にあらわれることがある。

例を見てみよう。次の文はallがbe動詞の後ろに出現している。

  • We are all making great progress. (私たちは皆、どんどん上達している)

このような用法のall、both、eachを遊離数量詞と呼ぶ。この記事では遊離数量詞について、学習上の観点から解説をしていく。参考になるはずだ。

*目次

1. 遊離数量詞になれるのはall, each, both

英語で遊離数量詞として使えるのは、all、each、bothといった普遍数量詞である。

はじめに、allを使った例を見てみよう。

  • (1a) All of the women have left Moscow. (女性たちはみんなモスクワを去った)
  • (1b) The women have all left Moscow. (女性たちはみんなモスクワを去った)

(1a)はAll of the women(女性たちはみんな)の形で使われている例である。これに対して、(1b)ではAllが名詞句から遊離して(=離れて)、haveの後ろに出現している。

次に、bothを使った例を観察する。

  • (2a) Both of the women have left Moscow. (女性たちは2人ともモスクワを去った)
  • (2b) The women have both left Moscow. (女性たちは2人ともモスクワを去った)

(2a)はBoth of the women(女性たちは2人とも)の形で使われている例である。これに対して、(2b)ではbothが名詞句から遊離して、haveの後ろに出現している。

最後に、eachを使った例を観察する。

  • (3a) Each of the women has left Moscow. (女性たちはそれぞれモスクワを去った)
  • (3b) The women have each left Moscow. (女性たちはそれぞれモスクワを去った)

(3a)はEach of the women(女性たちはそれぞれ)の形で使われている例である。これに対して、(3b)ではeachが名詞句から遊離して、hasの後ろに出現している。

数量詞の遊離は、上述のようにall、both、eachのみに見られる現象である。every、any、many、someなどの存在数量詞は、たとえsome of themのように言えたとしても、それが名詞句から離れて使われることはない。

したがって、次の文はいずれも文法的に誤りとなる。

  • (誤) The women have every left Moscow.
  • (誤) The women have any left Moscow.
  • (誤) The women have many left Moscow.
  • (誤) The women have some left Moscow.
遊離数量詞を学ぶ目的
ネイティブ・スピーカーの会話を注意深く聞くと、時折、遊離数量詞が使われていることに気がつく。遊離数量詞の知識がつけば、正確に文を読み聞きできるようになるはずだ。

2. 遊離数量詞の使い方

遊離数量詞は通例、一般動詞の前、be動詞の後、完了形have/has/hadの後、助動詞の後の位置にあらわれる。以下、例文と共に見ていこう。

2-1. 一般動詞の前

  • (4a) All of us have different strengths and weaknesses. (私たちは皆、異なる長所と短所を持っている)
  • (4b) We all have different strengths and weaknesses. (私たちは皆、異なる長所と短所を持っている)

遊離数量詞は一般動詞の前に置かれる。

2-2. be動詞の後

  • (5a) Both of us are working. (私たちは2人とも働いている)
  • (5b) We are both working. (私たちは2人とも働いている)

be動詞が使われる場合、遊離数量詞はbe動詞の後に置かれる。

2-3. 完了形have/has/hadの後

  • (6a) Each of Uber, LinkedIn, and Evernote have done the same. (ウーバー、リンクトイン、エバーノートはそれぞれ、同じことをした)
  • (6b) Uber, LinkedIn, and Evernote have each done the same. (ウーバー、リンクトイン、エバーノートはそれぞれ、同じことをした)

現在完了のhave/hasあるいは過去完了のhadが使われる場合、遊離数量詞はhave/has/hadの後ろに置かれる。

注: ウーバー、リンクトイン、エバーノートはアメリカのIT企業

2-4. 助動詞の後

  • (7a) I’m sure all of you will agree. (私はあなたたちが皆同意すると確信している)
  • (7b) I’m sure you will all agree. (私はあなたたちが皆同意すると確信している)

助動詞が使われる場合、遊離数量詞は助動詞の後ろに置かれる。

3. 遊離数量詞に関する補足事項

3-1. 主語と動詞の一致

  • (8a) Each of the students was happy with my explanation. (それぞれの学生が私の説明に満足だった)
  • (8b) The students were each happy with my explanation. (学生たちはそれぞれ私の説明に満足だった)

主語と動詞の一致について検証してみよう。

まず、(8a)のようにEach of the studentsが主語であれば、動詞はeachに対応して単数形となる。

一方、eachが離れた位置に出現する場合、(8b)のように、動詞は主語のThe studentsに対応して複数形となる。

3-2. 再帰代名詞を使う場合

  • (9a) Each of the women blamed herself for the accident. (女性たちの一人ひとりがその事故を自分のせいにした)
  • (9b) The women each blamed themselves for the accident. (女性たちの一人ひとりがその事故を自分のせいにした)

数量詞が移動することにより、再帰代名詞の形が変化することがある。

(9a)はEach of the womenが主語の例である。再帰代名詞はEachに対応して、単数形のherselfで使われる。

一方、(9b)はThe womenが主語で、eachが動詞の前に出現している例である。再帰代名詞はThe womenに対応して、複数形のthemselvesが使われる。

3-3. 目的語の数量詞が移動する場合

  • (10) John painted the doors all black. (ジョンはすべてのドアを黒に塗った)
  • (11) I gave the teachers all my personal information. (私はすべての教師に個人情報を与えた)

数量詞の遊離は目的語に起こることもある。(10)と(11)はともに、目的語の限定表現(数量詞)が移動した例である。

目的語の数量詞が移動する場合、名詞句とその後の要素にBEあるいはHAVEの関係が成り立つ。

  • (10′) [the doors] BE [black]
  • (11′) [the teachers] HAVE [my personal information]

参考文献: 新英文法選書 第6巻 名詞句の限定表現

4. まとめ

この記事では、英語の遊離数量詞について詳細を解説してきた。

内容をまとめると次のようになる:

  1. 遊離数量詞はall, both, eachが名詞句から離れた位置に出現する現象
  2. 遊離数量詞になるのはall, both, eachのみ
  3. 遊離数量詞は一般動詞の前、be動詞の後、完了形の後、助動詞の後に置かれる
  4. 目的語の数量詞が遊離することがある

トイグルでは他にも、英文法に関する記事を執筆している。興味のある方はぜひご覧いただきたい。

トイグル英文法 英文法まとめ!はじめて学ぶ英語文法の全知識

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です