英語の接頭辞・接尾辞一覧

接頭辞(接頭語)とは、unhappyのun-など、語の前につけられる要素を指す。接尾辞(接尾語)とは、workerの-erなど、語の後ろにつけられる要素を指す。

この記事では、英語の接頭辞および接尾辞の一覧を紹介する。これらを理解すれば、英単語を効率的に覚えられるようになるはずだ。

1. 接頭辞・接尾辞が単語学習に役立つ理由

英語の単語は、パーツごとに分解をすれば、ある程度意味を推測できる。例を見てみよう。

  • uncomfortable(不快な)

uncomfortableは「不快な」を意味する形容詞だ。uncomfortableで一単語だが、これは3つの異なるパーツに分解できる。

  • un+comfort+able

unは「反対」、comfortは「快適さ」、そしてableは「〜できる」を意味する。これらが組み合わさることにより、uncomfortable(不快な)の意味が完成する。

ここで、comfortのように意味の大元となる文字を語根(語幹)、unのように語根の前につく文字を接頭辞(せっとうじ)、そしてableのように語根の後ろにつく文字を接尾辞(せつびじ)と呼ぶ。

このように、接頭辞・接尾辞を知れば、単語を暗記する負担が軽減される。また、知らない語句を見た時、意味をある程度推測できるようになるだろう。

2. 英語の接頭辞一覧

接頭辞を動詞・名詞・形容詞ごとに紹介しよう。

2-1. 動詞の接頭辞

接頭辞
be-(作る) befriend(力を貸す)
co-(相互に) cooperate(協力する)
de-(否定・下降) devalue(価値を減じる)
dis-(反対・欠如) disappear(消える)
fore-(前方の) foresee(予見する)
inter-(間) interact(相互作用する)
mis-(誤った) mislead(誤った方向に導く)
out-(優れる) outperform(優る)
over-(限度を超えて) overwork(働き過ぎる)
pre-(以前の) precede(先に起こる)
re-(再び) revisit(再訪する)
sub-(下位) subcontract(下請け契約をする)
trans-(超えて) transmit(送る)
un-(反対) unload(荷物を降ろす)
under-(不十分) underestimate(過小評価する)

2-2. 名詞の接頭辞

接頭辞
anti-(反、非、対) antithesis(アンチテーゼ)
auto-(自動の) automobile(自動車)
bi-(2つ) bilingual(バイリンガル)
co-(共同) co-founder(共同創業者)
counter-(反対) counterclockwise(反時計回り)
dis-(反対、欠如) disease(病気)
ex-(前の) ex-president(前大統領)
hyper-(超、過度の) hyperinflation(ハイパーインフレ)
in-(反対の) inability(無能)
in-(中の) inpatient(入院患者)
inter-(間) interchange(交換)
kilo-(千) kilobyte(キロバイト)
mal-(悪い) malfunction(不調)
mega-(百万) megabyte(メガバイト)
mini-(小さい) miniskirt(ミニスカート)
mis-(誤った) mismanagement(誤ったマネジメント)
mono-(1つ) monopoly(独占)
neo-(新しい) neoclassicism(新古典主義)
out-(外側の) outbuilding(離れ家)
poly-(多数の) polyglot(数カ国語に通じた人)
pseudo-(偽りの) pseudo-science(疑似科学)
re-(再び) reorganization(再組織)
semi-(半分) semicircle(半円)
sub-(下位) subset(部分集合)
super-(上位、超越) supercar(スーパーカー)
sur-(上位、超過) surcharge(サーチャージ)
tele-(距離) telecommunications(遠距離通信)
tri-(3つ) triangle(三角形)
ultra-(超えた) ultrasound(超音波)
under-(不十分、下位) undergraduate(学部生)
vice-(副、代理) vice-president(副大統領)

2-3. 形容詞の接頭辞

接頭辞
dis-(反対、欠如) dissimilar(似ていない)
im-/in-/ir-/il-(反、非、対) impossible(不可能な)
non-(非、不、無) non-fiction(ノンフィクションの)
un-(〜でない) unhappy(不幸せな)

3. 英語の接尾辞一覧

接尾辞を動詞・名詞・形容詞ごとに紹介しよう。

3-1. 動詞の接尾辞

接尾辞
-ate differentiate(区別する)
-en shorten(短くする)
-fy justify(正当化する)
-ize/ise visualize(可視化する)

3-2. 名詞の接尾辞

接尾辞
-age(行動、結果) wastage(浪費)
-al(行動、結果) refusal(拒否)
-ant/-ent(人) consultant(コンサルタント), student(学生)
-cy(状態) freqnency(頻度)
-ence/-ance(行動、結果) preference(嗜好), acceptance(受け入れ)
-er(人、物) driver(運転手), computer(パソコン)
-ery/-ry(行動、場所) robbery(強盗), bakery(パン屋)
-ism(主義) capitalism(資本主義)
-ity(状態) ability(能力)
-ment(行動、状態) unemployment(失業)
-ness(状態) darkness(暗さ)
-ship(状態) leadership(リーダーシップ)
-tion/-sion(行動、状態) alteration(変更), expansion(拡大)

3-3. 形容詞の接尾辞

接尾辞
-able(可能な) drinkable(飲料用の)
-al(性質の) political(政治の)
-ent(性質の) different(異なる)
-ful(〜に満ちた) peaceful(平和な)
-ive(〜の(性質の)) attractive(魅力的な)
-less(〜のない) homeless(家のない)
-ous(〜の多い) famous(有名な)

4. まとめ

当エントリーでは、英語の接頭辞・接尾辞の一覧を紹介してきた。

数は多いが、どれも英語に頻出のものばかりである。英単語は賢く勉強していこう。

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です