【4月26日まで期間限定】92.5%の人が成果を実感したリスニング習得法を無料公開!

英語のup toの使い方!意味、読み方、慣用表現をわかりやすく解説

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

up to は「…まで」や「…次第である」の意味のイディオムです。フォーマルな散文を除けば、概ね、いずれの文体でも使用できます。up to date(最新の)のような、派生的な表現もよく使われます。

up to の読み方

up to

アップ トゥ

/ʌp/ /tə/

【up to の発音(男性声)】

【up to の発音(女性声)】

up to の使い方

(数値・位置などが) Aのところまで, Aに達するまで

  • The sale offers up to 50% off.
    (セールでは最大50%オフの価格で提供します)
  • The oven can heat up to 80°C in just a few minutes.
    (このオーブンはわずか数分で80℃まで加熱できます)
  • The conference room can accommodate up to 400 people.
    (会議室は最大400名まで収容可能です)
  • The delivery of the package may take up to 10 days.
    (小包のお届けまでに10日ほどかかる場合があります)
  • The floodwaters were up to my knee.
    (膝下まで浸水していました)

up to は「(数値・位置などが)Aのところまで, Aに達するまで」の意味があります。数値は割合、温度、人数、日数など、様々なものが使われます。

(時間・範囲などが) Aに至るまで, Aに至るまでずっと

  • We have to complete the project up to 2030.
    (2030年までにプロジェクトを完成させなければなりません)
  • Everything has been going well up to now.
    (今まですべて順調でした)
  • Read up to page 30.
    (30ページまでお読みください)

up to は「(時間・範囲などが)Aに至るまで, Aに至るまでずっと」の意味があります。

「至るまで」と「至るまでずっと」のどちらの意味になるかは、文意によるため、判別は一筋縄にはいきません。例えば、1つ目の例文は「2030年に至るまでに…」の意味でしょう。一方、2つ目の例文は「今にいたるまでずっと…」の解釈が適切と考えられます。

up until

「…に至るまでずっと」の意味を強調する場合、up until を用いることもできます。

A次第である

  • You can decide, it’s up to you.
    (決めるのはあなた次第です)
  • It’s up to you how you want to decorate your room.
    (部屋をどう飾るかはあなた次第です)

up to には「A次第である」の意味があります。例文(下)のように、up to A の後、wh節を続けることもできます。

Aの責任である

  • It’s up to the banks to ensure the security of their customers’ financial information.
    (顧客の金融情報のセキュリティを確保するのは銀行の責任です)

up to は「Aの責任である」の意味で使われることがあります。

Aの水準に達していて

  • I’m sorry, but this report is not up to our standard.
    (申し訳ありませんが, このレポートは私たちの基準に達していません)

up to は「Aの水準に達していて」の意味で使われることがあります。通例、否定文、あるいは疑問文にて用いられます。

A (期待など) に添って

  • The movie wasn’t up to my expectations.
    (映画は期待にそぐわなかった)
  • How was the concert? Was it up to your expectations?
    (コンサートはいかがでしたか?期待通りでしたか?)

up to は「A(期待など)に添って」の意味で使われることがあります。通例、否定文、あるいは疑問文にて用いられます。

(肉体的・精神的に) Aをやれるほどで

  • I’m afraid he isn’t up to the task that we assigned him.
    (彼は私たちが課した任務をやれるほどではありません)
  • She isn’t up to going out tonight because she’s feeling unwell.
    (彼女は今夜は体調が悪くて出かけられないそうです)

up to は「(肉体的・精神的に)Aをやれるほどで」の意味で使われることがあります。通例、否定文で使われます。例文(下)のように、動名詞が続く場合もあります。

A (悪事など) をしようとして

  • I don’t trust him, he’s always up to something.
    (彼を信用できません, いつも何かを企んでいます)
  • What’s she up to?
    (彼女は何を企んでいるのだろう)
  • He’s up to no good.
    (彼は何か企んでいる)

up to は「A(悪事など)をしようとして」の意味で使われることがあります。up to no good は「(よからぬことを)企んでいる」の意味のイディオムです。

(地方から) 中心地へ

  • I’m planning to go up to Tokyo next weekend.
    (来週末に上京する予定です)
  • We all went up to the pub.
    (みんなでパブまで行きました)

例文(下): Collins Cobuild English Usage

up to は「(地方から) 中心地へ」の意味で使われることがあります。イギリス英語に特有の用法です。例文(下)のように、特別な理由なく、”to” の代わりに “up to” を用いることもあります。

Aに近づいて

  • She came up to me and introduced herself at the party.
    (パーティーで彼女が近づいてきて自己紹介をしてくれました)

up to は「Aに近づいて」の意味で使われることがあります。

up to を使った他の表現

up to date

  • She reads newspapers every day to stay up to date with current events.
    (彼女は最新のできごとを把握するため毎日新聞を読みます)
  • Check for up-to-date information on our website.
    (ウェブサイトで最新情報を確認してください)
  • Up to date, we have received no response from the client.
    (これまでのところ, クライアントからの回答はありません)

up to date は「最新の」、あるいは「これまでのところ」の意味で使われます。

かつて、このフレーズは “up-to-date” のように、ハイフンを含む形で使われていました。ただ、現在はハイフンなしで使用することも可能です。

not up to much

  • My lunch today isn’t up to much.
    (今日のお弁当は大したものではありません)

not up to much は「大したものではない」の意味で使われます。be動詞の後に用いられます。

up to par

  • The quality of the product was not up to par.
    (製品の品質が今ひとつでした)

up to par は「標準に達した」の意味で使われます。

up to scratch

  • I had to redo my essay because it wasn’t up to scratch.
    (できが悪かったので, 小論文をやり直さなければなりませんでした)

up to scratch は「一定の水準に達して」の意味で使われます。しばしば否定文にて用いられます。

up to speed

  • The new contractor is not up to speed, so we have to delay the project.
    (新しい請負業者は期待の水準に達していないので, 我々はプロジェクトを遅らさなければなりません)
  • Can you bring me up to speed on what happened at the meeting?
    (会議で何が起こったのか最新で正確な情報を知らせてください)

up to speed は「(人・会社などが)期待通りの水準で」、あるいは「(人が)最新で正確な情報を持って」の意味で使われます。後者の用法の場合、on や with などの前置詞を伴うことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です