【緊急告知】無料で英語を学べる「全脳英語アカデミー」を開始!

例文で詳しく説明!英語の比較級・最上級を強調する語句の使い方

比較表現の強調

英語の比較級最上級では、その意味を強調する語句が使われることがある。

例えば、much better(ずっと良く)では、much(ずっと)が比較級の副詞better(良く)の意味を強調している。

英語を学習中のあなたは、次のような疑問を持っていないだろうか?

  • 比較級や最上級を強調する語句には何がある…?
  • 比較級だけ(あるいは最上級だけ)を強調する語句とは…?
  • 強調語句は比較級(最上級)の前後どちらにつく…?

市販の参考書では、比較級・最上級の強調語句は一覧が列挙されているだけで、詳しい使い方まで述べられたものは少ない。困っている方も多いと思う。

そこでトイグルでは、比較級・最上級の強調に関して詳細を解説していく。学習の参考になるはずだ。

*目次

1. 比較級を強調する語句

比較級を強調する語句について、例文と共に紹介していく。

1-1. a bit

  • (1) It’s better to wait a bit longer. (もう少し待ったほうがいいですね)

a bitは「少し」の意味で比較級を強調する。

bit自体の品詞は名詞だが、a bitは副詞的に用いられる。

1-2. a good deal / a great deal

  • (2) Mary is a good deal better. (メアリーのほうがいい)
  • (3) There is still a great deal more work to do. (まだまだやるべきことがたくさんある)

a good dealとa great dealは「相当」や「はるかに」の意味で比較級を強調する。

deal自体の品詞は名詞だが、a good dealとa great dealはともに、副詞的に用いられる。

1-3. a little

  • (4) I’m a little older than you. (私はあなたよりも少し年上です)

a littleは「少し」の意味で比較級を強調する。

1-4. a lot / lots

  • (5) The first software sounds a lot better than the second one. (最初のソフトウェアは2つめのものよりずっと良いようだ)
  • (6) There’s lots more to discover. (まだまだたくさんの発見がある)

a lotやlotsは「ずっと」の意味で比較級を強調する。

a lotとlotsでは、lotsのほうがよりくだけた言い方とされる。

1-5. considerably

  • (7) The number is considerably higher than initially expected. (数字は当初の予想を大幅に上回っている)

considerablyは「かなり」の意味で比較級を強調する。

1-6. even

  • (8) That’s an even better idea. (それはさらに良いアイディアです)
  • (9) I can’t be even more happy. (これ以上の喜びはありません)

evenは「さらに」の意味で比較級を強調する。

evenで強調する場合、通常は-erをつけて比較級をつくる形容詞が、moreで容認されることがある。(9)はeven more happyとなっている点に注意したい。

1-7. far

  • (10) The quality is far better. (品質ははるかに優れている)

farは「はるかに」の意味で比較級を強調する。

1-8. marginally

  • (11) Monthly rents for houses were marginally lower. (住宅の月額の賃料はわずかに減少した)

marginallyは「わずかに」の意味で比較級を強調する。

1-9. no

  • (12) There is no better answer. (これ以上の答えはない)
  • (13) Please register no later than September 16th, 2025. (申込みは遅くとも2025年9月16日までにお願いします)

noは「少しも…ない」の意味で比較級を強調する。

(13)のno later than(遅くとも…までに)にようなイディオム的な表現もある。

1-10. rather

  • (14) They started to speak rather faster than usual. (彼らはいつもよりかなり早く話し始めた)

ratherは「かなり」の意味で比較級を強調する。

1-11. slightly

  • (15) Myanmar is slightly larger than Afghanistan. (ミャンマーはアフガニスタンより少し大きい)

slightlyは「わずかに」の意味で比較級を強調する。

1-12. somewhat

  • (16) Today was somewhat better. (今日はいくぶんマシだった)

somewhatは「いくぶん」の意味で比較級を強調する。

1-13. still

  • (17) I’ll show you a still more excellent way. (もっと優れた方法をお伝えしましょう)
  • (18) The results are better still. (結果はもっと良いですよ)

stillは「(なお)いっそう」の意味で比較級を強調する。

(18)のように比較級の後ろに置かれることもある。

比較級を強調するstillは「まだ」ではない
stillは「まだ」の印象が強い単語だが、比較級の修飾では「いっそう」と訳す。

1-14. substantially

  • (19) Rates are substantially higher for students from low-income. (低所得者の学生の割合がかなり高くなっている)

substantiallyは「かなり」の意味で比較級を強調する。

1-15. very much

  • (20) We can do these things very much better. (我々はこれらのことを非常にうまくできますよ)

very muchは「とても」の意味で比較級を強調する。

1-16. 数量表現

  • (21) Exports were 20 per cent higher than the same time last year. (輸出額は前年同期比で20%増加した)

20 per cent(20%)などの数量表現も比較級を強調できる。

2. 比較級・最上級の両方を強調する語句

比較級・最上級をともに強調する語句について、例文と共に紹介していく。

2-1. arguably

  • (22) What’s arguably more interesting is the behaviour of consumers. (さらに興味深いのは消費者の行動です)
  • (23) Kobe A5 is arguably the best beef in the world. (神戸A5牛はおそらく世界で一番の牛肉です)

arguablyは「きっと」や「おそらく」の意味で、比較級や最上級を強調する。

(22)は比較級、(23)は最上級を強調している例である。

2-2. by far

  • (24) Netflix is better by far. (ネットフリックスがはるかに良い)
  • (25) This is by far the better way. (こちらがはるかに良い方法です)
  • (26) This is by far the best family vehicle. (こちらは断然、最高の家庭向け車両です)
  • (27) Ana is the smartest by far. (圧倒的にアナが一番賢い)

by farは「はるかに」や「断然」の意味で、比較級や最上級を強調する。

比較級の強調で使われる場合、通常、(24)のように比較級の後ろに置かれる。(25)のように、比較級の前にtheがあれば、比較級の前も可能。

最上級の強調の場合、最上級の前後どちらでも可能。(26)は最上級の前、(27)は最上級の後ろに置かれている例である。

2-3. ever

  • (28) Wealth today is more unequally distributed than ever. (現在、富はかつてないほど不平等に分配されている)
  • (29) This was truly our best ever. (これは過去最高の出来だった)

everは「かつて」や「今までに」の意味で、比較級や最上級を強調する。

(28)は比較級、(29)は最上級を強調している例である。

2-4. far and away

  • (30) He’s far and away the best technician. (彼は圧倒的に優れた技術者です)
  • (31) I can say digital is far and away better than analog. (デジタルはアナログに比べて圧倒的に優れていると言えます)

far and awayは「圧倒的に」や「断然」の意味で、比較級や最上級を強調する。

(30)は比較級、(31)は最上級を強調している例である。

2-5. much

  • (32) You’re doing much better than you think you are. (あなたは自分が思っているよりずっとうまくやっています)
  • (33) This year is much the worst. (この年が一番ひどい)

muchは「ずっと」の意味で、比較級や最上級を強調する。

(32)は比較級、(33)は最上級を強調している例である。

2-6. quite

  • (34) This is quite the best news. (これはかなり最高のニュースです)
  • (35) I hope you are feeling quite a lot better. (かなり体調が良くなってきたのではないでしょうか)

quiteは「かなり」の意味で比較級や最上級を強調する。

(34)のように最上級を強調することが多く、(35)のような比較級の強調はまれ。

2-7. significantly

  • (36) The cost is significantly higher. (コストは著しく高くなります)
  • (37) Most significantly, the film has no dialogue. (最も重要なのは, この映画に台詞がないことです)

significantlyは「著しく」や「もっとも」の意味で、比較級や最上級を強調する。

(36)は比較級、(37)は最上級を強調している例である。

絶対最上級
(37)のように, mostがveryの意味で使われるものを絶対最上級と呼ぶ。絶対最上級は別記事で解説しているので, より深く知りたい方はご覧いただきたい。
英語の絶対最上級の使い方!例文でわかりやすく解説

2-8. yet

  • (38) There was yet more literature to be analyzed. (さらに分析すべき文献があった)
  • (39) That’s probably the biggest achievement yet. (それはおそらく今までで最大の成果でしょう)

yetは比較級の強調では「さらに」、最上級の強調では「今のところ」の意味で使われる。

(38)は比較級、(39)は最上級を強調している例である。

3. 最上級を強調する語句

最上級を強調する語句について、例文と共に紹介していく。

3-1. easily

  • (40) He is easily the best bassist in the world. (彼は明らかに世界で一番のベーシストです)

easilyは「明らかに」の意味で最上級を強調する。

最上級を強調するeasilyは「容易に」ではない
easilyは「容易に」の意味で使われることが多い副詞だが、最上級の修飾にあたっては「明らかに」の意味になる。

3-2. single

  • (41) Quitting smoking is the single most effective step. (喫煙をやめることが唯一のもっとも効果的なステップです)

singleは「唯一の」の意味で最上級を強調する。

3-3. very

  • (42) We offer the very best rates of cashback. (私たちは本当に最高のキャッシュバック率を提供します)

veryは「本当に」の意味で最上級を強調する。

3-4. 序数詞

  • (43) The team has the third best record in baseball. (そのチームは野球界で3位の成績を残している)

first(第1の)を除く序数詞も最上級を強調する。

4. まとめ

この記事では、比較表現の強調語句について詳細を解説してきた。

トイグルでは他にも、英文法に関する記事を執筆している。興味のある方はぜひご覧いただきたい。

トイグル英文法 トイグル式英文法|英語文法の学習に必要な知識と情報のすべて

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です