英語のtogether withの使い方!意味、読み方、例文をわかりやすく解説

together with の使い方

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

英語の together with は「…に加えて」や「…と一緒に」の意味で使われる複合前置詞です。文中に挿入的に使われるほか、文末にも使用されます。

together with の読み方

together with

トゥギャザー ウィズ

/təɡéðər/ /wəð/

【together with の発音(男性声)】

【together with の発音(女性声)】

together withの意味と例文

1. … に加えて; …と共に; …と一緒に

  • She brought her hiking boots and a backpack, together with a water bottle and a map.
    (彼女は水筒と地図と一緒に, 登山靴とリュックサックを持ってきました)
  • Please return the item to the store, together with your receipt, in order to receive a refund.
    (返金を受け取るには, レシートを添えて, 商品を店舗にご返送ください)
  • Together with the main course, the restaurant served a side dish of roasted vegetables.
    (メインディッシュと一緒に, サイドディッシュのローストベジタブルも提供されました)

together with は「… に加えて; …と共に; …と一緒に」の意味で使われます。例文(上)のように文末、例文(中)のように文中に挿入的に、そして例文(下)のように文頭で用いられます。

2. …と連れだって

  • Sarah, together with her friends, went to the mall to do some shopping.
    (サラは友達と一緒に, ショッピングモールに買い物に行った)

together with には「…と連れだって」の意味もあります。

3. …を含めて

  • Together with the Johnsons, there were 12 of us in the villa.
    (ジョンソン夫妻を含めて, 別荘には12人いました)

出典: オックスフォード現代英英辞典

together with には「…を含めて」の意味もあります。

together with と動詞の数の一致

  • The teacher, together with her students, is going on a field trip.
    (先生は, 生徒たちと一緒に遠足に行くことになりました)
  • The flowers, together with the trees, were swaying in the wind.
    (花は木々とともに, 風に揺れていました)

“A together with B” が主語の時、原則的に、動詞は A(主語)の数に一致します。例文(上)は主語が The teacher(先生/単数形)につき単数動詞、例文(下)は主語が The flowers(花/複数形)につき複数動詞で一致しています。

ただし、略式体では、”A together with B” の A が単数形であっても、複数動詞で一致させる場合があります。これは、A and B のように感じとれるからです。形式よりも意味に比重を置いた構文と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です