TOEICリスニングを劇的に伸ばす「聞き取り力」の勉強法

TOEICリスニングセクションに苦手意識を持つ方は多い。

あなたは次のような悩みをお持ちではないだろうか?

  • TOEICリスニングセクションの勉強法がわからない…
  • TOEICリスニングの音声が速くて聞き取れない…
  • 長文リスニングの途中でついていけなくなる…

多くの受験者がTOEICリスニングセクションに苦戦するのは「聞き取り能力」が足りないからである。英語と日本語は音の構造が異なるので、聞き取れないまま問題を解いてもスコアは上がらない。

そこでトイグルでは、TOEICリスニングセクションで成果を出す勉強法を紹介しよう。英語を正確に聞き取る「ディクテーション」、聞き取りと内容理解を同時に進める「シャドーイング」、そして正答率を上げる「不正解分析」のやり方を説明する。

筆者はTOEICスクールを運営しているが、ある生徒さまはこのトレーニングを3ヶ月行ったところ、リスニングセクションでほぼ満点を取り、TOEIC830点を取得した。

すぐにスコアを上げる3つのコツも取り上げるので、試験直前にも役立つ。この記事を読めば、TOEICリスニングセクションでスコアを上げる明確なイメージができるようになるだろう。

*筆者はTOEIC公開テストを毎回受験し最新の傾向を研究しています。当エントリーは筆者の受験経験および指導経験を踏まえ、2018年4月にリリースしました。

1. TOEICリスニングが苦手なのは「聞き取り力」が足りないから

TOEICリスニングセクションはPart1(写真描写問題)、Part2(応答問題)、Part3(会話問題)、Part4(説明文問題)の4パートからなる。所要時間は約46分間で、音声は一度しか放送されない。

Part1 写真描写問題 6問
Part2 応答問題 25問
Part3 会話問題 39問
Part4 説明文問題 30問
合計 100問

筆者はTOEIC対策スクールを運営しているが、多くの生徒さまから「リスニングができない」との悩みを聞く。TOEICリスニングセクションでよくある失敗は次のようになるだろう:

  • 英語はbuild upが「ビルダップ」のように発音されるなど、音のつながりを聞き取れない…
  • 長文リスニング問題(Part3/Part4)で理解できるのは最初の1〜2行だけで、その後音声についていけなくなる…
  • 聞いた内容をすぐに忘れてしまい、設問を解けない…

これら失敗の原因は3つある。1つは音声識別能力が低いこと。2つ目は音の速さに内容理解がついていけないこと。3つ目は設問解答能力が足りないことだ。

音声識別能力 RとLの聞き分けなど、英語の音を区別する力
内容理解 音声を聞きながら内容を理解する力
設問解答能力 TOEICの設問を解く力

つまり、TOEICリスニングセクションでスコアを伸ばすためには、これら3つの力を全方位的に対策すれば良い。以下、具体的な勉強法を見ていこう。

MEMO

現在のTOEICリスニングセクションは、長文問題(Part3/Part4)が設問数の約7割を占める。テクニックでスコアを上げられる余地は少なく、総合的なリスニング能力が求められる。

2. TOEICリスニングでスコアを上げる3つの勉強法

トイグルでは、TOEICリスニングセクションでスコアを上げる3つの勉強法を提唱している。

ディクテーション 音を正確に聞き取れるようになる
シャドーイング 聞き取りと内容理解が同時にできるようになる
設問分析 正しい選択肢を選べるようになる

1つずつ説明しよう。

TOEICリスニング練習法1: ディクテーションで英語を正確に聞き取る

ディクテーションとは、英語の音声を聞きながら書き取ることで、正確な聞き取り能力の向上を目指すトレーニングである。

手順は次のとおり: 

  1. 市販のTOEIC問題集を用意する。
  2. 音声を何度か聞いて、耳を慣らしておく。
  3. 英文スクリプト(文字起こし)を読んで、全体像を把握する。
  4. 音声を聞きながら、紙に英文を書き取る。1度ですべて書き取るのは難しいので、3〜4回繰り返し聞いても構わない。
  5. 問題集の英文スクリプト(文字起こし)を読んで、聞き取れなかった箇所や間違いを赤ペンで修正する。

例を見てみよう。

ディクテーション

ディクテーションは英文を丁寧に聞き取る作業だから、音を正しく識別する力を養える。知らない単語を推測する力や、文法に対する理解度も上がる。

ディクテーションは短い音声であっても時間がかかる。まずはPart1(写真描写問題)やPart2(応答問題)の一部分を使ってやってみよう。慣れてきたら、Part3(会話問題)やPart4(説明文問題)で進めたい。

MEMO

ディクテーションで完璧を目指す必要はない。8割程度書き取れたら合格点と考えよう。

TOEICリスニング練習法2: シャドーイングで聞き取りと内容理解を同時に鍛える

シャドーイングとは、英語の音声を聞きながら口ずさむことで、聞き取りと内容理解を同時にできるようにするトレーニングである。

手順は次のとおり: 

  1. 市販のTOEIC問題集を用意する。
  2. 音声を何度か聞いて、耳を慣らす。
  3. 英文を音読し、全体像を把握する。
  4. 英文スクリプト(文字起こし)を読んで内容を理解する。知らない単語の意味はここで調べておく。
  5. シャドーイングを行う。

例を見てみよう(7:16から再生)。

シャドーイングを成功させるポイントは、事前の準備を入念に行っておくことにある。初見の文章をいきなりシャドーイングするのではなく、音声を聞き、音読し、知らない単語の意味を調べ、内容を十分理解してから行うと効果的だ。

また、シャドーイングは現在の英語レベルよりもやや易しい文を使うと良い。TOEICであればPart1(写真描写問題)やPart2(応答問題)が良いだろう。中・上級者の方は、Part3(会話問題)やPart4(説明文問題)にチャレンジしてみよう。

MEMO

シャドーイングは同じ音声を繰り返し使うと良い。暗唱できるくらいやり込めば、英文の意味がぐんぐん入ってくる感覚をつかめる。

TOEICリスニング勉強法3: 「設問解答→丸つけ→不正解の分析」を丁寧に行う

TOEIC勉強法の王道は、問題集を使った「設問解答→丸つけ→不正解の分析」である。

  1. 市販のTOEIC問題集を解く。
  2. 解答編を見て丸つけを行う。
  3. 不正解だった問題の理由を分析する。
  4. 英文スクリプトを読みながら音声を再度聞く。

ここで重要なのは、問題集を解きっぱなしで終えないことだ。設問を解いた後、不正解だった問題、あるいは正解だったが自信のなかった問題を丁寧に復習する。

Part4(説明文問題)の例を見てみよう。設問を解いて丸つけを終えたら、知らない単語の意味を辞書で調べ、納得するまで音声を聞き直す。

TOEICリスニング 問題

設問分析が効果的な理由は、TOEICの出題傾向を理解できるからである。TOEICは毎回似たようなパターンで出題されるから、設問に慣れるだけで聞き取り能力は上がる。

この「設問解答→丸つけ→不正解の分析」は学習の基本なので、TOEICリスニングセクション全パートで実施しよう。

MEMO

設問分析をした問題を使って、ディクテーションやシャドーイングを行うのも効果的。

3. TOEICリスニングですぐに成果が出る3つのコツ

TOEICは設問形式が決まっているので、頻出パターンを知れば短期間にスコアを上げられる。ここでは、TOEICリスニングセクションですぐに成果を出す3つのコツを紹介しよう。

TOEICリスニングのコツ1: Part1は語順を意識して聴く

TOEIC Part1は写真描写問題である。写真をもっとも適切に表している選択肢を選ぶ。

例を見てみよう。

TOEIC Part1 問題

この写真に対して、次の4つの英文が読まれたとする。

TOEIC Part1 語順

正解は選択肢(C)で「男性のうち1人が何かを指している」となる。

表から明らかなように、TOEIC Part1で出題される英文はすべて「主語+動詞+目的語+追加情報」のシンプルな語順で構成されている。関係代名詞の省略、倒置、that節…といった、複雑な文は出てこない。

Part1を解く時は、頭の中で4要素の表を思い浮かべてみよう。文構造が整理できるので、聞き取りの向上を実感するはずだ。

筆者注: 簡略化のため補語(C)も目的語と表記しています。追加情報とは副詞語句など、主語・述語動詞・目的語以外の文の要素を指します。

TOEICリスニングのコツ2: Part2は設問文と同じ語句の選択肢を選ばない

TOEIC Part2は応答問題である。英語のワンセンテンスを聞いて、自然な返答を選ぶ。

例を見てみよう。

  • Where is the post office? (郵便局はどこですか?)
    • (A) I went to my office.(私は自分のオフィスに行きました)
    • (B) It is across the street.(その通りを越えたところにありますよ)
    • (C) No, not at all.(いいえ、そんなことないです)

「郵便局はどこですか?」の返答として自然なのは、選択肢(B)の「その通りを越えたところにありますよ」となる。

ここで、不正解の選択肢(A)には、設問文にも含まれるoffice(オフィス)という語句が入っている。聞き取りがうまくできなかった時、「選択肢(A)もofficeと聞こえたから、これが正解かな」と、安易に選びがちだ。

実は、TOEIC製作者は受験者の心理を理解しているので、ここに引っかけ問題が多発する。TOEIC Part2を解く際、設問文と同じキーワードが入った選択肢は選ばないようにしよう。

筆者注: TOEIC内でこのテクニックが使えるのはPart2だけである。Part3(会話問題)とPart4(説明文問題)では重複語彙が正解になることもある。

TOEICリスニングのコツ3: Part3とPart4は設問を先読みする

TOEIC Part3は会話問題、Part4は説明文問題である。

どちらのパートも、1つの音声に対して、内容に関する3つの設問が用意されている。設問は問題用紙に印刷されているので、会話音声を聞く前にこれら設問を先読みすれば、内容を予め推測できる。

先読みのタイミングは、前の設問が終わった後である。Part2が終わったら、Part3のQ32-Q34を先読みする。Q32-Q34を解き終わったら、Q35-Q37を先読みする。

先読みの文量は多いので、英語初心者の方は、選択肢だけを縦読みするようにしよう。選択肢の表現がそのまま音声に出れば、「拾い聞き」で正解を選べることもある。

  • Q32. Where most likely are the speakers?
    • (A) At a sport center
    • (B) At a university
    • (C) At a factory
    • (D) At a grocery store
  • Q33. What does the woman mean when she says, “Absolutely”?
    • (A) The woman is willing to help the man.
    • (B) The woman wants the man to buy a copy card.
    • (C) The woman needs to stop by the academic office.
    • (D) The woman is required to hire new staff members.
  • Q34. What will the man do next?
    • (A) Talk to job candidates
    • (B) Consult with his supervisor
    • (C) Purchase a new computer
    • (D) Receive a document
MEMO

(A)から(D)の選択肢の代わりに、3つの設問文だけを先読みする方法もある。相性の合う方法を試してみよう。

4. まとめ

この記事では、TOEICリスニングセクションの勉強法を紹介した。ディクテーション、シャドーイング、不正解分析の方法がお分かりいただけたと思う。

同時に、すぐにスコアを上げる3つのコツも説明した。本番直前の方はぜひとも試してみてほしい。

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です