TOEIC Part4 説明文問題対策と解き方のポイント

TOEIC Part4はリスニング説明文問題である。

あなたは次のような悩みをお持ちではないだろうか?

  • 「TOEIC Part4でスコアを上げるコツを知りたい…」
  • 「TOEIC Part4の音声が途中で聞き取れなくなる…」

TOEIC Part4の英文はリスニングセクション内で最も長い。一度音声を見失うと頭が真っ白になり、設問をすべて勘で解くことになってしまう。

これを防ぐには、TOEIC Part4の文章構造をよく知ると良い。実は、Part4に出題される英文には一定の規則性があるから、それを学べば英語初級者でもPart4の聞き取りが改善される。

筆者の主宰する英語スクールではこの方法を採用したところ、TOEIC経験ゼロの社会人学習者が3ヶ月で600点を超える成果を出した。

この記事ではTOEIC Part4の文構造を解説した後、全出題パターンの解き方を紹介する。Part4でスコアを上げる明確なイメージができるようになるはずだ。

*筆者はTOEIC公開テストを毎回受験し最新の傾向を研究しています。当エントリーはそれを踏まえて、2018年3月に内容を全面改定しました。

*目次

  1. TOEIC Part4のコツはジャンルから内容を推測すること
  2. TOEIC Part4 解き方のポイント
  3. TOEIC Part4 おすすめ教材・アプリ
  4. まとめ

1. TOEIC Part4のコツはジャンルから内容を推測すること

TOEIC Part4はリスニング 説明文問題である。

1人の人物による英語の説明文を聞いた後、内容に関する問に答える。10の説明文に3つの設問があるので、Part4全体で30問を解く。

TOEIC Part4最大の特徴は、telephone message(電話メッセージ)やannouncement(アナウンス)など、説明文のジャンルが放送されることにある。

例を見てみよう。

Questions XX through XX refer to the following announcement

Please be advised the following change in local bus service. We propose to shorten Route 35 so that it would not continue on to Central Station as it does now. It would no longer be a 24-hour service; however new Route 35 would continue to provide the night service covering all stops served by the current 35. You'd best be careful if you want to trip during the daytime. Bus fares will stay the same until the end of this year. A monthly pass is highly recommended if you ride the bus more than ten times per month.

和訳: 

問題XX-XXは次のアナウンスメントに関するものです。

地元の路線バスサービスに関する次の変更点を報告します。私たちはルート35の短縮を提案しています、その結果現在のようにCentral Station駅まで行かなくなります。バスサービスは24時間営業ではなくなります。しかし、新しいルート35は現在のルート35で提供されるすべての停車駅をカバーする夜間営業を提供します。あなたは注意したほうがいいでしょう、もし日中に移動をするなら。バスの運賃は今年の終わりまで同じ価格となります。1ヶ月の定期券は大変推薦されます、もしあなたがバスに月10回以上乗るのであれば。

冒頭の「Questions XX through XX refer to the following announcement.」がこの文章のジャンルを指す。アナウンスは主に公共交通機関の放送で、TOEICお決まりのストーリーは「飛行機が遅れる/電車が遅れる/出発ゲートがそろそろ開く」などである。

応用言語学の研究によれば、私たちは英語でリスニングをする際、単語や文法といった言語情報だけでなく、文脈や背景知識などを使って意味を理解する。つまり、事前に内容を予測できれば、聞き取り能力が向上するのだ。

以下、筆者調べによるPart4頻出ジャンルと、その特徴を紹介しよう。

*TOEIC Part4の頻出ジャンル

ジャンル 出現率 特徴
電話メッセージ 20.0% 留守番電話。店が客に残したメッセージと、客が店に残したメッセージの2種類。
会議の一部 13.8% プレゼンテーションなどフォーマルな文体が多い。
アナウンスメント 12.5% 公共交通機関の放送が多いが、スタッフミーティングでの伝達事項なども。
放送 10.0% 主にラジオ放送。エンタメからニュースまで。
広告 3.8% 商品・サービスの紹介

TOEIC Part4のストーリー展開はワンパターンなので、たくさんの設問を解けばオチが見えるようになる。市販の問題集には解説編に英文が載っているので、それを繰り返し読めば、Part4の苦手意識がなくなるはずだ。

MEMO
TOEIC Part4は設問の先読みも効果的である。先読みの手順はこちらの記事で説明している。
TOEIC Part3 会話問題対策と解き方のポイント

2. TOEIC Part4 解き方のポイント

TOEIC Part4の設問は推測問題、内容把握問題、次回アクション問題、話し手の意図問題、図表問題の5種類に分けられる。

先ほどの例題を使って、各出題形式のポイントを説明しよう。

Please be advised the following change in local bus service. We propose to shorten Route 35 so that it would not continue on to Central Station as it does now. It would no longer be a 24-hour service; however new Route 35 would continue to provide the night service covering all stops served by the current 35. You'd best be careful if you want to trip during the daytime. Bus fares will stay the same until the end of this year. A monthly pass is highly recommended if you ride the bus more than ten times per month.

2-1. TOEIC Part4 推測問題の解き方

TOEIC Part4 推測問題とは、間接的なヒントから内容を推測する問題である。most likely(最も可能性が高い)やprobably(おそらく)など、推測を表す語句が設問文に入っている。

例を見てみよう。

  • Who most likely are the listeners? (聞き手は誰だと考えられますか?)
    • (A) Bankers (銀行員)
    • (B) Tourists (観光客)
    • (C) Passengers (乗客)
    • (D) Plumbers (水道業者)

説明文の主旨は、路線バスのルート変更および、運賃に関する案内である。聞き手はバスを使う人々と考えられるので、正解は選択肢(C)のPassengers(乗客)だ。

今回は聞き手について尋ねられたが、TOEIC Part4では「話し手は誰ですか?」が問われることも多い。「話し手」と「聞き手」を聞き間違えないように注意しよう。

2-2. TOEIC Part4 内容把握問題の解き方

TOEIC Part4 内容把握問題とは、直接的なヒントから答えを発見する問題である。Part4で最も出現頻度が高い。

例を見てみよう。

  • What is the purpose of the announcement? (お知らせの目的は何ですか?)
    • (A) To explain research outcomes (研究成果を説明するため)
    • (B) To advertise a new restaurant (新しいレストランを広告するため)
    • (C) To give transportation updates (交通機関の最新情報を与えるため)
    • (D) To describe a job offer (求人を述べるため)

文章の目的について尋ねられている。本文一行目に「路線バスサービスに関する次の変更点を報告します」とあるため、選択肢(C)が正解。

TOEIC Part4では文章と設問の順番が概ね一致する。各音声で、設問1のヒントは会話前半、設問2のヒントは会話中盤、設問3のヒントは会話後半にあることが多い。

TOEIC Part4の解き方

内容把握問題はヒントの目星をつけると解きやすい。設問の先読みをする際、内容把握問題が何問目に出るのか注意したい。

2-3. TOEIC Part4 次回アクション問題の解き方

次回アクション問題とは、会話が終わった後の行動を推測する問題である。

例を見てみよう。

  • What does the speaker suggest the listeners do? (話し手は聞き手に何をするよう提案していますか?)
    • (A) Purchase a ticket in advance. (チケットを事前に買う)
    • (B) Travel by train. (電車で移動する)
    • (C) Find alternative routes (代替ルートを探す)
    • (D) Show a student ID. (学生証を見せる)

聞き手への提案について尋ねられている。本文最後の行の「1ヶ月の定期券は大変お得」は、言い換えればチケットを事前に買うよう勧めている。ここから選択肢(A)が正解。

次回アクション問題は、設問文にnext(次に)やto do(〜する)など、未来を示唆する語句が入っている。また、大問の中で3つ目の設問に位置することが多いため、音声の終盤を聞き逃さないようにしたい。

2-4. TOEIC Part4 話し手の意図問題の解き方

話し手の意図問題とは、特定の発言の詳細な意味が問われる問題である。

例を見てみよう。

  • What does the speaker mean when she says, “You’d best be careful if you want to trip during the daytime.”? (話し手が「あなたは注意したほうがいいでしょう、もし日中に移動をするなら。」と言う時、何を示していますか)
    • (A) All seats have been reserved. (すべての席が予約されている)
    • (B) She wants to conduct a customer survey. (彼女は顧客調査を行いたい)
    • (C) Some passengers might misunderstand the timetable. (乗客が時刻表を勘違いするかもしれない)
    • (D) There will be much traffic at night. (夜間に大量の交通がある)

本文では、バスのルート変更と共に、運行の時刻が変わったことが示されている。話し手は複雑な時刻を間違わないよう注意を促しているため、選択肢(C)が正解。

話し手の意図問題は文脈を理解する必要があるため、音声の拾い聞きでは対応できない。ただ、出題はPart4の中で2〜3問程度なので、英語上級者以外は捨て問題にしてしまってもいいだろう。

2-5. TOEIC Part4 図表問題の解き方

図表問題とは、図表の情報をヒントに解く問題である。

例を見てみよう。

  • Look at the graphic. Which service will be unavailable soon? (図を見てください。どのサービスがもうすぐ利用不可になりますか?)
    • (A) 1st (第一便)
    • (B) 2nd (第二便)
    • (C) 3rd (第三便)
    • (D) 4th (第四便)

TOEIC Part4 図表問題

図表はRoute35の時刻表を表している。本文では「24時間運行は取りやめになるが、深夜便は続く」とある。言い換えれば、取りやめになるのは早朝の運行のみ。図表から早朝の運行は1st(第一便)とわかるので、正解は選択肢(A)となる。

図表問題は音声の聞き取り、図表の読み込み、および内容理解を同時並行するマルチタスクが必要とされる。難易度が高いので上級者向けの設問と割り切って良い。

MEMO
図表のある説明文でも、図表を参照するのはLook at the graphic.から始まる問だけである。初級者・中級者は図表問題を捨てて、他の設問に集中しても良い。

3. TOEIC Part4 おすすめ教材・アプリ

TOEICの解き方を知ったら、次は実際に設問を解いて練習してみよう。おすすめの問題集とスマートフォン用アプリを紹介したい。

*公式TOEIC Listening & Reading 問題集3

『公式TOEIC Listening & Reading 問題集3』は、TOEIC公式問題集の最新版。本番同様の難易度で設問を解ける。

リスニング・リーディングセクション共に2回分が収録されている。TOEICを受験するなら必須の問題集だ。

*記事内のAmazonリンクはアソシエイトリンクを使用しています。

*TOEIC TEST 実力判定アプトレ

TOEIC TEST 実力判定アプトレ

TOEICリスニングアプリは数多くあるが、Part3(会話問題)とPart4(説明文問題)は長文で解きにくいせいか、練習できるアプリがほとんどリリースされていない。

『TOEIC TEST 実力判定アプトレ』は、TOEICの仮スコアを算出できるアプリ。Part4を含む全パートを解けるので、総合的なTOEIC対策に向いている。

毎日新しい問題が加わる「デイリー挑戦モード」もあるため、レベル判定後も継続して使える。これからTOEICに挑戦する人だけでなく、既に勉強している人にもおすすめ。

  • 価格: 600円
  • ジャンル: 総合
  • レベル: 初心者〜上級者向け

App Storeからダウンロード

4. まとめ

この記事では、TOEIC Part4の解き方を解説した。対策とスコアアップのポイントがお分かりいただけたと思う。

トイグルでは他にもTOEIC学習法に関する記事を公開している。気になった方はぜひともご覧いただきたい。

Good luck!

5 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です