英語のregardless of の使い方!意味、読み方、例文をわかりやすく解説

regardless ofの使い方

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

regardless of は「…にもかかわらず」の意味で使われる群前置詞です。regardless を副詞として単体で用いることもあります。

regardless of の読み方

regardless of

リガードレス オブ

/riɡɑ́ːrdləs/ /əv/

【regardless of の発音(男性声)】

【regardless of の発音(女性声)】

regardless of(前置詞用法)の使い方

…に関係なく, …にかかわらず

  • We should respect all individuals regardless of race.
    (人種に関係なくすべての個人を尊重すべきです)
  • Regardless of whether it rains or shines, I will still go for a run in the morning.
    (雨が降ろうが晴れようが, 朝は走りに行きます)
  • I will support you regardless of what decision you make.
    (あなたがどんな決断をしても応援しています)

regardless of は「…に関係なく」、または「…にかかわらず」の意味で使われます。例文(上)のように名詞(句)を伴うほか、例文(中)のように whether節、あるいは例文(下)のように wh節を伴う場合があります。

regardless of の後に複数の要素を置く場合、orを使います。andを使うことはできません。

例: Our company values diversity, regardless of age, sex, or culture.
(当社は年齢, 性別, 文化に関係なく, 多様性を尊重しています)

regardless(副詞用法)の使い方

それにもかかわらず, それでもなお

  • Even though the situation was tough, he decided to carry on regardless.
    (状況は厳しかったが、彼はそれでもなお続けることを決めた)
  • I understand that it’s a risky investment, but I still think we should go ahead with it regardless.
    (リスクの高い投資であることは理解していますが, それでも関係なく進めていくべきだと思います)

regardless は副詞として、単体で使われることもあります。これはof以下を省略したもので、通例、譲歩節、あるいはbutによる前文を伴います。

いずれにしても

  • I must make the decision regardless.
    (私はいずれにしても決断しなければなりません)

regardless が副詞として単体で使われる時、前文を伴わないこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です