英語の他動詞の使い方!一覧と注意すべき用法を紹介

他動詞

英語の他動詞とは、目的語を取る動詞をいう。

例えば、make(…をつくる)、give(…をあたえる)、enjoy(…を楽しむ)などが他動詞に該当する。

この記事では英語の他動詞に関して詳細を説明したい。学習の参考になるはずだ。

*目次

1. 他動詞とは目的語を取る動詞

他動詞を理解するには、例を使うのがよい。次の英文を見てみよう。

  • (1) We ate pizza. (私たちはピザを食べた)

文の構造を分解すると以下のようになる。

主語述語動詞目的語
Weatepizza

We(私たち)が主語(S)、ate(食べた)が述語動詞(V)、pizza(ピザ)が目的語(O)である。ate(eatの過去形)は他動詞なので、直後に目的語を伴う。

英文を理解する際、英語と日本語は語順が違う点に注意しよう。英語は「主語-動詞-目的語」に対し、日本語は「主語-目的語-動詞」の語順が基本である。

主語目的語述語動詞
私はピザを食べた
他動詞の文は受動態にできる
他動詞を使った文は受動態(受身形)にできる。受動態の詳細は別記事で解説しているため、興味のある方はご覧いただきたい。

2. 他動詞の使い方

完全他動詞不完全他動詞
目的語
補語×

他動詞は完全他動詞不完全他動詞の2つの種類がある。

完全他動詞は目的語のみを取るのに対し、不完全他動詞は目的語に加えて補語を取る点に違いがある。

以下、それぞれの例を見ていきたい。

2-1. 完全他動詞

  • (2) I found a wallet in my neighborhood. (私は近所で財布を見つけた)
  • (3) I gave him feedback on his LinkedIn profile. (私は彼にリンクトインのプロフィールについて意見を述べた)
  • (4) Mary based her decision on her emotions. (メアリーは意思決定を感情に基づいてする)

いずれの完全他動詞の例。(2)は目的語を1つ、(3)は目的語を2つ取る動詞。

(4)は完全自動詞でありながら、副詞語句を義務的に必要とする例。副詞語句(on her emotions)がなければ文として容認されない(Mary based her decision.は不可。)

2-2. 不完全他動詞

  • (5) I will make you happy. (私はあなたを幸せにします)
  • (6) Someone painted the wall pink. (誰かが壁をピンク色に塗った)
  • (7) People consider tofu a healthy alternative to meat. (人々は豆腐を肉の健康な代替品と考える)

いずれも不完全他動詞の例。(5)は「OをCの状態にする」の意味。いわゆる第五文型(SVOC)の代表的な用法。

(6)は結果構文とも呼ばれる。誰かが壁を塗り、その結果として壁がピンク色になった。

(7)は「OをCと思う」の意味。目的語と補語の間にはto beの省略があると考えてもよい。

  • (7′) People consider tofu to be a healthy alternative to meat.

3. 注意すべき他動詞の使い方

他動詞の使い方について、句動詞の用法を中心に、注意点を述べておきたい。

3-1. 他動詞+副詞辞

  • (8) I turned on the television. (私はテレビをつけた)

他動詞に副詞辞が組み合わさることがある。動詞全体は他動詞のはたらきをする。turn onは「(電気・ガス・テレビなどを)つける」の意味。

副詞辞とは何か
副詞辞はabout、by、upなど、句動詞の一部分を形成する語。広い意味では副詞だが、beautifullyなど様態を表す副詞とは区別される。この記事では、そうした一連の語を副詞辞と呼ぶ。

3-2. 他動詞+目的語+副詞辞

  • (9) We saw her off at the airport. (私たちは彼女を空港で見送った)

他動詞+目的語に副詞辞が組み合わさることがある。動詞と副詞辞は必ず分離させる(We saw off her…は不可)。動詞全体は他動詞のはたらきをする。

3-3. 他動詞+名詞句+前置詞

  • (10) Clothing has protected people from the sun. (衣服は太陽から人々を保護している)

他動詞+名詞句に前置詞が組み合わさることがある。動詞全体は他動詞のはたらきをする。

参考: 英語の他動詞一覧

achieve
(獲得する)
address
(宛名を書く)
admire
(称賛する)
affect
(影響する)
avoid
(避ける)
build
(建てる)
buy
(買う)
carry
(運ぶ)
catch
(つかむ)
complete
(完成させる)
consider
(よく考える)
create
(造る)
cut
(切る)
damage
(傷つける)
describe
(特徴を述べる)
design
(設計する)
discuss
(話し合う)
enjoy
(楽しむ)
exchange
(交換する)
expect
(予想する)
express
(表現する)
find
(見つける)
get
(手に入れる)
give
(与える)
have
(持つ)
hear
(聞こえる)
hire
(賃借する)
hit
(打つ)
include
(含む)
introduce
(紹介する)
keep
(保つ)
know
(知っている)
like
(好きである)
maintain
(保つ)
make
(つくる)
mention
(言及する)
prevent
(妨げる)
produce
(産み出す)
provide
(提供する)
raise
(上げる)
reach
(着く)
receive
(受け取る)
remember
(覚えている)
remove
(取り去る)
see
(見る)
sell
(売る)
support
(支持する)
take
(持っていく)
use
(使う)
want
(…したい)

(参考: Collins Cobuild English Grammar)

*まとめ

この記事では、英語の他動詞について詳細を解説してきた。

内容をまとめると次のようになる:

  1. 他動詞は目的語をとる動詞
  2. 他動詞は受動態にできる
  3. 完全他動詞はSVOやSVOOの文をつくる
  4. 不完全他動詞はSVOCの文をつくる
  5. 他動詞に副詞辞が組み合わさることがある

トイグルでは他にも、英文法に関する記事を執筆している。興味のある方はぜひご覧いただきたい。

トイグル英文法 英文法まとめ!はじめて学ぶ英語文法の全知識

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です