【4月26日まで期間限定】92.5%の人が成果を実感したリスニング習得法を無料公開!

英語のgo aheadの使い方!意味・読み方・例文をわかりやすく説明

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

英語の go ahead は「どうぞ」の意味で使われる句動詞です。

  • A: “Can I borrow your car for a few hours?” (車を2, 3時間借りてもいいですか)
    B: “Sure, go ahead. (もちろん, どうぞ)

go aheadの読み方

go ahead

ゴゥ アヘド

/ɡoʊ əhéd/

【go aheadの発音(男性声)】

go aheadの発音(女性声)】

go aheadの意味・例文・使い方

1. <人・物の> 先に行く, 前に出る

go ahead

  • You go ahead and we’ll follow behind you in our car.
    (あなたが先に行ってください, 私たちは車でついていきます)

go ahead of

  • She went ahead of us on the hiking trail.
    (彼女は私たちより先にハイキング道に入りました)

go ahead は「<人・物の> 先に行く」や「前に出る」の意味で使われます。

句動詞自体の機能として、go ahead は自動詞(= 自動詞+副詞辞)、go ahead of は他動詞(= 自動詞+副詞辞+前置詞)です。

2. <計画などが> (障害・反対にもかかわらず) 行われる

go ahead

  • The event went ahead as planned despite the rainy weather.
    (雨天にもかかわらず, イベントは計画通りに行われました)

go ahead with

  • Despite objections, the event organizers went ahead with the concert.
    (反対にもかかわらず, 主催者側はコンサートを強行しました)

go ahead は「<計画などが> (障害・反対にもかかわらず) 行われる」の意味で使われることがあります。

句動詞自体の機能として、go ahead は自動詞(= 自動詞+副詞辞)、go ahead with は他動詞(= 自動詞+副詞辞+前置詞)です。

3. <事を> (許可などを得て) 進める

go ahead

  • You can go ahead and start the meeting without me.
    (わたし抜きで会議を進めて構いませんよ)

go ahead with

  • The teacher gave us permission to go ahead with our group presentation.
    (先生は私たちにグループ・プレゼンテーションを進める許可をくれました)

go ahead は「<事を> (許可などを得て) 進める」の意味で使われることがあります。

「許可を待たずに…する」の意味で使われる場合

「許可を待たずに…する」の意味で使われる場合があります。通例、go ahead に and を伴います。

  • You can’t just go ahead and eat my leftovers from the fridge without asking.
    (許可を待たずに, 私の冷蔵庫の残り物を食べてはいけませんよ)

句動詞自体の機能として、go ahead は自動詞(= 自動詞+副詞辞)、go ahead with は他動詞(= 自動詞+副詞辞+前置詞)です。

4. どうぞ, 構いません

go ahead

  • A: “Do you mind if I borrow your laptop for a while?”
    (「しばらくの間、ノートパソコンをお借りしてもよろしいですか」)
    B: “Sure, go ahead.”
    (「いいとも, 構いませんよ」)

go ahead は「どうぞ」や「構いません」の意味で使われることがあります。

この用法は通例、命令文で用いられます。相手から許可を求められ、それに対する承認・賛成をあらわす際に使われます。

「お話ください」の意味で使われることがあります。

  • A: “I have something important to share with you.”
    (「大事な話があるんです」)
    B: “Go ahead, I’m listening.”
    (「お話ください. 聞きますよ」)

「ほら, がんばれ」の意味で、相手に何かをするように、励ます際にも使われます。

  • A: “I want to ask her out, but I’m nervous.”
    (「彼女を誘いたいど, 緊張しているんです」)
    B: “Go ahead, you’ll never know unless you try.”
    (「がんばりなよ, やってみないとわかりませんよ」)

「やるならやったらいいさ」の意味で使われることがあります。しばしば、相手からの脅迫に対して、威嚇的に言う際に用いられます。

  • A: “You better not tell anyone about this, or else…”
    (「これを誰にも言うなよ, そうでなければ…」)
    B: “Go ahead and try to scare me. I won’t give in to threats.”
    (「脅せるものならやってみればいいさ. 脅迫には屈しない」)
go right ahead

強調のために、go と ahead の間に right を入れることがあります。

  • A: “Can I use your phone to make a quick call?”
    (「ちょっと電話するのに, 電話を借りてもいいかな?」)
    B: “Go right ahead.”
    (「構いませんよ」)

句動詞自体の機能は自動詞(= 自動詞+副詞辞)です。

go-ahead(名詞用法)の使い方

進行許可, ゴーサイン

  • The teacher gave us the go-ahead to begin working on our group project.
    (先生はグループ・プロジェクトを進める許可をくれました)

go-ahead は「進行許可」の意味で、名詞で使われることがあります。通例、the を伴って用いられます。

「ゴーサイン」は和製英語です。この意味を英語で言うには go-ahead を使用します。

  • After thorough testing, the engineers finally received the go-ahead to launch the new software.
    (徹底的なテストの後, エンジニアたちはついに新しいソフトの発売に許可を出しました)
  • I’ll give you the go-ahead to proceed with the marketing campaign once I review the budget proposal.
    (予算案を検討したら, マーケティング・キャンペーンを進める許可を出しましょう)

go-ahead(形容詞用法)の使い方

積極的な, 意欲的な

  • In today’s competitive market, it’s crucial to be a go-ahead company.
    (今日の競争的な市場では, 積極的な企業になることが必須です)

go-ahead は「積極的な」や「意欲的な」の意味で、形容詞として使われることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です