TOEIC単語帳おすすめ5選!あなたに合った1冊の選び方

TOEIC単語帳に興味があるが、どの本を選んで良いかわからず困っている人は多い。

そこでトイグルでは、現役TOEIC講師の筆者がおすすめする5冊の単語帳を紹介したい。各単語帳の特徴を詳しく解説するため、あなたに合った1冊が選べるはずだ。

*TOEIC単語帳は1冊を選んでやり込む

TOEICスコアを上げるのに、単語力はもっとも重要な能力の一つである。単語学習の研究によれば、人は文中の語句の95%以上を知らないと、内容を正しく理解できない。

英単語を覚える方法は様々あるが、TOEICにおいて効果的なのが「単語帳」を使った学習である。単語帳はレベルや出現頻度などを元に、覚えるべき英単語が羅列された本と定義される。

現在、単語帳は多数のものが販売されているが、TOEICにおけるポイントは1冊の単語帳をやり込むことにある。人は簡単には英単語を覚えられないから、複数の単語帳を併用するよりも、1冊を繰り返し使ったほうが効果的だ。

TOEICで成果を出すには単語帳選びを慎重に行う必要がある。トイグルでは市販の単語帳からおすすめを5冊選んだ。

世界一わかりやすい
TOEICテストの英単語
解説が丁寧
TOEIC L&R TEST
出る単特急 金のフレーズ
フレーズで覚える
TOEICテスト
スーパー英単語
関連語彙が充実
TOEIC L&Rテスト
基本単語帳
全レベルに対応
キクタン
TOEIC TEST シリーズ
レベル別で販売

特徴を1つずつ説明していこう。

1. 世界一わかりやすいTOEICテストの英単語

世界一わかりやすい TOEICテストの英単語

  • レベル: はじめて〜上級者
  • 収録語彙数: 見出し語804語
  • 特徴: すべての語彙に解説つき

『世界一わかりやすいTOEICテストの英単語』は関正生氏によるTOEIC単語帳。

本書の驚くべき点は、すべての語句に解説のコメントが載っているところにある。例えば、wear(身につけている)なら「be wearingの形で出ることが多く、Part1ではwearput onの違いがよく問われる」と言った趣旨の解説が丁寧にされている。

内容はレベル別に分かれているため、600点突破を目指す初級者、600点から800点突破を目指す中・上級者のどちらにも使える。単語帳選びに迷ったら、本書を選ぶことをおすすめしたい。

2. TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

  • レベル: 中級者〜上級者
  • 収録語彙数: 見出し語1,000語
  • 特徴: 日本語→英語のフレーズで覚える

『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ』はTEX加藤氏によるTOEIC単語帳。「金フレ」の名称でおなじみ。

本書の特徴は、TOEICに頻出の英単語をフレーズで覚えられる点にある。例えば、anyway(とにかく)ならLet’s try anyway. (とにかくやってみよう)のようなフレーズで学ぶ構成になっている。

本書の想定している読者はTOEIC500点以上の中級者であり、内容は600点レベル・730点レベル・860点レベル・990点レベルの4段階に分かれている。

初心者向けには『TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ』も発売されているため、はじめての方は「銀フレ」からやってみても良い。

3. TOEICテストスーパー英単語

CD-ROM付 新装版 TOEIC(R)テスト スーパー英単語

  • レベル: はじめて〜中級者
  • 収録語彙数: 見出し語1,005語
  • 特徴: 関連語彙が充実

『TOEICテストスーパー英単語』は、ロバート・ヒルキ氏、小石裕子氏、ヒロ前田氏、白野伊津夫氏、ポール・ワーデン氏によるTOEIC単語帳。

一般的な単語帳は「レベル順」や「出る順」に並んでいるが、本書はTOEIC語彙を5段階の「重要度」に分けて収録している。最重要語からはじめて、要注意語、ブレイクスルー語と段階的に学習すると効果が出る。

本書は関連語彙も充実している。例えば、prefer(〜が好きである)の欄にはpreferable(望ましい)、preferably(できれば)、preference(好み)、preferred(推奨される)のような関連語が掲載されている。

これら関連語を含めると、本書で学べる語彙は約3,000語。コストパフォーマンスの点では本書が圧倒的だ。

4. TOEIC L&Rテスト 基本単語帳

TOEIC(R) L&Rテスト 基本単語帳

  • レベル: はじめて〜超上級者
  • 収録語彙数: 見出し語890語
  • 特徴: 英語→日本語のフレーズで覚える

『TOEIC L&Rテスト 基本単語帳』は、加藤草平氏、ロス・タロック氏、中村信子氏、工藤郁子氏、石橋敦子氏、小野彰子氏、浅場眞紀子氏によるTOEIC単語帳。

本書は「1冊で効果的に勉強できる単語帳」をテーマに、TOEICに必要な語彙がレベル別に紹介されている。語句は「英語→日本語」のフレーズで学ぶため、覚えた内容を試験に応用しやすい。

辞書や専門書を手がける「研究社」から出版されているためか、デザインはシンプルで落ち着いた印象がある。一部のTOEIC参考書に見られる奇抜なデザインがないため、大人の学習者にも抵抗なく使えるだろう。

5. キクタン TOEIC TEST シリーズ

【新形式問題対応/CD-ROM付】  改訂版キクタンTOEIC TEST SCORE 600

  • レベル: はじめて〜超上級者
  • 収録語彙数: 448語, 1,120語, 1,120語, 1,120語
  • 特徴: レベル別に分かれて学べる

『キクタン』は一杉武史氏によるTOEIC単語帳。500点向け、600点向け、800点向け、990点向け、とレベル別で販売されている。(画像はSCORE 600)

他の単語帳は1冊で広いレベルの語彙を学習できる一方で、紙幅の制限があるため、各レベルの語彙数がどうしても少なくなってしまう。本シリーズはレベル別に分かれているから、各レベルに必要な語彙をたっぷりと学べる。

英語初心者でTOEIC600点を目指す方は、『キクタンTOEIC TEST SCORE 600』を使おう。800点を目指す方で、他の単語帳に物足りなさを感じる人は『キクタンTOEIC TEST SCORE 800』が良い。900点以上は『キクタンTOEIC TEST SCORE 990』が必須。

*まとめ

この記事では、TOEIC試験対策におすすめの単語帳を紹介してきた。内容をまとめると次のようになる。

  1. 丁寧な解説なら『世界一わかりやすい TOEICテストの英単語
  2. フレーズで覚えるなら『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ
  3. 関連語彙が充実している『TOEICテスト スーパー英単語
  4. 1冊で初級者から上級者まで使える『TOEIC(R) L&Rテスト 基本単語帳
  5. レベル別で学ぶなら『キクタン TOEIC TEST SCORE 600

単語力は「蓄積」で身につく。はじめは知らない語句ばかりに感じられるかもしれないが、経験を積めば学習効果を実感できるようになる。

学習の参考になれば幸いだ。

Good luck!

(「TOEIC」は米国Educational Testing Service(ETS)の登録商標です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です