英語の単純現在形とは?使い方のポイントは「幅のある時間」にあり!

単純現在形

英語の単純現在形とは、I live in Tokyo.(私は東京に住んでいる)のliveやHe is happy.(彼は幸せだ)のisなどにあらわされる動詞の形である。

英語を学習しているあなたは、次のような疑問を持っていないだろうか?

  • 単純現在形の使い方がわからない…
  • 「歴史的現在」とはなにか…
  • 単純現在形が未来を示せるのはなぜ…

そこでトイグルでは、単純現在形について詳細をまとめていく。図やイラストを使って直感的にわかりやすいようにした。学習の参考になるはずだ。

*目次

単純現在形は現在を基準とした幅のある時をあらわす

単純現在形の使い方をひとことで言えば、「現在を基準とした幅のある時をあらわす表現」である。

例を見てみよう。次の英文は単純現在形が「現在の状態」をあらわす場合である。

  • (1) I live in London. (私はロンドンに住んでいる)

話し手は現在、ロンドンに住んでいる。この状態は過去にはじまり、現在に当てはまり、そして未来にわたって続くと思われる。

単純現在形の状態用法

別の例を見てみよう。次の英文は単純現在形が「現在の習慣」をあらわす場合である。

  • (2) I go to the gym every day. (私は毎日ジムに行きます)

話し手は毎日ジムに行く習慣がある。このことは過去、現在、そして未来にわたって繰り返される。こうした用法も単純現在形が意図するところである。

単純現在形の習慣用法

単純現在形は「あらゆる時に当てはまること」をあらわす際にも使われる。

  • (3) The sun rises in the east. (太陽は東から出る)

太陽が東から出るのは、過去、現在、未来を問わず「あらゆる時に当てはまること」である。このような永遠の真理にも単純現在形が使われる。

永遠の真理

このように、単純現在形は「現在を基準とした幅のある時」をあらわす。幅の長さは「ロンドンに住んでいる」のような短いものから、「太陽は東から出る」のような永遠に続くものまで様々である。

以下、単純現在形の詳細を見ていこう。

単純現在形は今まさに起きている動作には使わない
「私は映画を観ています」はI am watcing a movie now.のように現在進行形を使う。単純現在形があらわすのはふつう、過去あるいは未来を含めた幅のある時間である。
用語の解説
「単純現在形」は「現在時制」や「現在形」とも呼ばれる。本記事では「単純現在形」の名称で統一する。

1. 現在をあらわす単純現在形

単純現在形は主として、現在の状態をあらわす際に使われる。

1-1. 現在の状態をあらわす時

  • (4) Susan lives in Paris. (スーザンはパリに住んでいる)
  • (5) I have a mobile phone. (携帯電話を持っています)
  • (6) Ken belongs to the golf club. (ケンはゴルフクラブに所属しています)
  • (7) I really like my job. (本当に仕事が好きです)

単純現在形は現在の状態をあらわす際に使われる。

(4)はスーザンがパリに住んでいるという状態をあらわす。

(5)は所有、(6)は所属、(7)は心理状態の例である。

1-2. 現在の習慣をあらわす時

  • (8) I eat rice every day. (毎日米を食べる)
  • (9) Pandas eat bamboo. (パンダはササを食べる)

単純現在形は現在の習慣をあらわす際にも使われる。

(8)は話し手が毎日米を食べる習慣があることを示している。(9)のように主語が動物になると、その動物の習性をあらわす。

複数形の目的語
I write blog articles. (私はブログ記事を書きます)のように名詞の複数形を目的語にすることで、習慣の意味がより明確になる。

注: 習慣や習性をあらわす用法では、その動作が発話時に起きているとは限らない。たとえば、(8)は発話時に米を食べていなくとも、日々米を食べる習慣があれば成立する。

1-3. 目の前で起きていること

  • (10) Adam passes the ball to Frazier! (アダムはフレイジャーにボールを渡した!)
  • (11) Here comes the train! (電車が来たよ!)

目の前で起きている瞬間的な動作をあらわす際、単純現在形が使われることがある。

(10)はスポーツ中継の例である。単純現在形を用いることで、目の前の生き生きとした様子を示せる。

(11)のような感嘆文で用いられることもある。

単純現在形と現在進行形の違い
ふつう、今まさに起きていることは現在進行形であらわす。単純現在形が用いられるのは上記のような一部の表現に限られる。

1-4. 手順の説明

  • (12) You cross a bridge and soon will see a sign for the Nature Trail. (橋を渡ります、そうすると間もなくネイチャー・トレイルのサインを見られるでしょう)
  • (13) Now I put the cake-mixture into this bowl and add a drop of vanilla essence. (このボウルにケーキミックスを入れ、バニラエッセンスを1滴加えます)

(13: Meaning and the English Verb)

単純現在形は手順の説明で使われることがある。

(12)は道案内の例、(13)は料理の実演をしている例である。

1-5. 手紙やEメールの中で

  • (14) I enclose a letter from my cousin. (いとこからの手紙を同封しています)
  • (15) We write to inform you that your account has been blocked. (あなたのアカウントが凍結されたことをお知らせします)
  • (16) I look forward to meeting you again. (あなたに再びお会いできるのを楽しみにしています)

手紙やEメールの中において、いくつかの固定した表現は単純現在形で用いられる。

Swanによれば、これらを現在進行形で用いることもできるが、その場合はフォーマルさが薄れると言う。

  • (14′) I am enclosing a letter from my cousin.
  • (15′) We am writing to inform you that your account has been blocked.
  • (16′) I am looking forward to meeting you again.

(参考: Practical English Usage)

1-6. 発言自体が行為になること

  • (17) I apologize. (謝罪します)
  • (18) I declare this bridge open. (この橋の開通を宣言します)

(18: Oxford Advanced Learner’s Dictionary 第10版)

発言自体が行為になることでは、単純現在形が使われる。

(17)は「謝罪します」の意味だが、このような発言をすることそのものが、謝罪の意を示す。

(18)は「橋の開通を宣言します」だが、宣言するという発言自体が宣言という行為をあらわす。

発言自体が行為とは何か
日本語の例で考えてみよう。「勉強しています」と言うとき、勉強という行為自体は教科書を読むとかノートを取るのような、発言とは別の行為によって行われる。一方、「誤ります」はそれ以外の行為があるわけではなく、そのように言うこと自体が行為の遂行となる。

1-7. あらゆる時に当てはまること

  • (19) Water boils at 100°C. (水は100度で沸騰する)
  • (20) The Nile River flows into the Mediterranean Sea. (ナイル川は地中海に注ぐ)
  • (21) No news is good news. (便りのないのはよい便り)

あらゆる時に当てはまることは、単純現在形が使われる。

(19)は科学的な事実を述べている。現在、過去、未来を問わずいずれの時にも当てはまるので、単純現在形を用いる。

(20)は地理的な事実を述べている。こちらも時間を問わず当てはまることなので、単純現在形を使う。

(21)のようなことわざも単純現在形を使うことが多い。

用語の解説
「あらゆる時に当てはまること」は「普遍的真理」や「超時的現在」とも呼ばれる。

2. 過去をあらわす単純現在形

いくつかの場面において、単純現在形は過去をあらわす際にも使われる。

2-1. 歴史的現在

  • (22) “So he stands up in the boat and waves his arms to catch our attention.”
    (「そこで彼はボートに立ち上がり、気を引くために手を振ったんだ」)

(The Grammar Book)

小説や会話などでは、過去のことであっても、単純現在形を用いることがある。

(22)で彼がボートに立ち上がり、手を振ったのは、まぎれもなく過去の出来事である。

なぜ過去のことを単純現在形で示せるのか
話し手の感情が入ることで、その場面に気持ちが没入するからである。たとえば、(22)は話し手が興奮して過去の場面を振り返っている状況である。話し手の意識が現在から過去に移り、過去のその場面を「今」のように見ている。
用語の解説
こうした用法は「歴史的現在」と呼ばれる。

2-2. 歴史年表など

  • (23) 2012 ― Microsoft releases Windows 8. (2012年―マイクロソフトはウインドウズ8を発表)

(Microsoft Company History Timeline)

歴史年表などでは、過去のことであっても、単純現在形を用いることがある。

(23)はマイクロソフト(米国のIT企業)の企業年表の一部である。

2-3. 新聞の見出し

  • (24) Europe’s Super League scores a spectacular own goal (ヨーロッパのスーパーリーグが見事なオウンゴールを決める)

(The Economist)

新聞の見出しでは、過去のことであっても、単純現在形を用いる。

(24)はエコノミスト誌(イギリスの経済誌)の記事の見出しの例である。

3. 未来をあらわす単純現在形

いくつかの場面において、単純現在形は未来をあらわす際にも使われる。

3-1. カレンダーや時刻表などで決められている予定

  • (25) Tomorrow is Tuesday. (明日は火曜日です)
  • (26) The train leaves at ten o’clock tomorrow morning. (電車は明日の朝10時に出ます)

カレンダーや時刻表などで決められている予定は、未来のことであっても、単純現在形を用いる。

(25)はカレンダー、(26)は時刻表の例である。

なぜ未来のことを単純現在形にするのか
カレンダーや時刻表は「定義」によって決まっているからである。たとえばカレンダーは月曜日-火曜日-水曜日…と決まっているので、月曜日の次は必ず火曜日になる。これは「明日は雨が降るでしょう(It will rain tomorrow.)」のような「予測」とはまったく異なる。単純現在形はこうした「決定された未来」に使うのである。

注: 法改正などにより、月曜日の次が火曜日でなくなる可能性はある。また、電車は時刻表どおりに運行されないことはありうる。ただ、それは事後的な話であり、問題は現時点において確定している予定か否か、ということである。

3-2. 変更がないと思われる確実な予定

  • (27) I start work next Monday. (次の月曜日から働きはじめます)

変更がないと思われる確実な予定に対しては、未来のことであっても、単純現在形を用いる。

(27)は、話し手が来週月曜日から出社と決まっており、現時点で変更がないので、単純現在形が使われている。

他人によって決定されたこと
(27)の会社の例のように、他人によって決定されたこと(= 自分の意志では変更できないこと)に用いる場合が多い。

3-3. 自然の法則によって確実に起こること

  • (28) The sun rises at 4:53 tomorrow. (明日の日の出は4時53分です)

自然の法則によって確実に起こることは、未来のことであっても、単純現在形を用いる。

(28)は日の出をあらわすものだが、太陽が登る時刻は予測時刻のとおり確実に起こるからである。

予測不可能な未来に単純現在形は使えない
自然現象であっても、確定できないものに単純現在形は使えない。たとえば、It rains tomorrow.(明日は雨です)が文法的に誤りなのは、天気予報の精度が上がった現代でも、明日の天気は確定できないからである。

3-4. 時や条件をあらわす副詞節

  • (29) Tell me when you‘re ready. (準備ができたら教えてください)
  • (30) If it rains tomorrow, don’t go outside. (明日が雨なら外出はしないこと)

時や条件をあらわす副詞節の中では、未来のことであっても、単純現在形を用いる。

(29)は時をあらわす接続詞when、(30)は条件をあらわす接続詞ifが使われている例である。

3-5. that節, wh節, 関係詞節など

  • (31) Make sure you get up early. (早起きしなさいね)
  • (32) The press is bound to report what she says tomorrow. (報道機関は彼女が明日言うことを報道するはずです)
  • (33) The man she marries will have to be rich. (彼女が結婚する人はお金持ちでなくてはなりませんね)

(Meaning and the English Verb)

Leechによれば、that節、wh節、関係詞節などの中で、未来のことが単純現在形であらわされることがあると言う。

(31)はthat節、(32)はwh節、(33)は関係詞節の例である。

参考: 単純現在形のつくり方

単純現在形はbe動詞と一般動詞の場合で異なる。

be動詞の場合

Iam
Youare
Heis
Sheis
Itis
Weare
Youare
Theyare
be動詞の使い方
be動詞の場合、主語の人称や数によって語形が変化する。be動詞の詳細は別記事で解説しているので、より深く知りたい方はご覧いただきたい。
英語be動詞の使い方!ポイントは「XがYにある」の感覚を理解すること

一般動詞の場合

Iwork
Youwork
Heworks
Sheworks
Itworks
Wework
Youwork
Theywork
三単現のsの使い方
一般動詞の単純現在形は、主語が三人称かつ単数の場合、動詞の語尾に-sまたは-esをつける。「三単現のs」と呼ばれるものである。詳しくは別記事で解説しているので、より深く知りたい方はご覧いただきたい。
三単現のs(三人称単数現在のs)はなぜ使う?仕組みを解説します

まとめ: 単純現在形を乗り越える

この記事では、英語の単純現在形について詳細を解説してきた。

内容をまとめると次のようになる:

  1. 単純現在形は現在を基準とした幅のある時間を示す
  2. 単純現在形は現在の状態習慣に使う
  3. 単純現在形はあらゆる時に当てはまることに使う
  4. 単純現在形は過去の出来事に使うことがある
  5. 単純現在形は未来の出来事に使うことがある

トイグルでは他にも、英文法に関する記事を執筆している。興味のある方はぜひご覧いただきたい。

トイグル英文法 トイグル式英文法|英語文法の学習に必要な知識と情報のすべて

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です