eachとeveryの違い!使い分けのポイントは「個別」と「集まりの中の個別」を見分けること

eachとeveryの違い

英語にはeach(それぞれ)とevery(どの…もみな)という語がある。これらは意味が似ているので違いがわかりにくい。

英語を勉強しているあなたは、次の疑問を持っていないだろうか?

  • eachとeveryの違いがわからない…
  • eachとeveryの使い分けが難しい…
  • eachとeveryのどちらを選べばいいかわからない…

そこでトイグルでは、eachとeveryの違いについて詳細を解説していきたい。学習の参考になるはずだ。

*目次

1. eachとeveryの違い: 個別と集まりで見分ける

eachとeveryの違いを知るには、例文を見るのが良い。次の2つの文を比較してみよう。

  • (1) Each student has a textbook. (それぞれの学生は教科書を持っている)
  • (2) Every student has a textbook. (どの学生も皆、教科書を持っている)

(1)はeachが使われている例である。eachは「それぞれ」の意味で、対象となる人・物を個別的に指す際に使われる。例文は、それぞれの学生に視点を合わせ、その一人ひとりが教科書を持っている、というニュアンスとなる。

(2)はeveryが使われている例である。everyは「どの…もみな」の意味で、全体の集合を意識した上で、人・物を個別に指すものである。例文は、複数人の学生全体に視点を合わせ、その一人ひとりが教科書を持っている、というニュアンスとなる。

eachとeveryの違いをまとめると、次のようになる。

  • each:「それぞれ」の意味で、対象となる人・物を個別的に指す
  • every:「どの…もみな」の意味で、全体を意識した上で、人・物を個別に指す

ところで、eachは2つ以上の人・物があることを示唆するが、everyは3つ以上の人・物が前提である。この違いは次の文によくあらわれている。

  • (3) He is holding a dumbbell in each hand. (彼はそれぞれの手にダンベルを握っている)

一般的に、人には手が3つ以上ない。そのため、「2つ以上」のeachは可能だが、「3つ以上」を含意するeveryは不可なのである。

2. eachの使い方

each
代名詞用法
形容詞用法
副詞用法

eachは代名詞用法、形容詞用法、副詞用法の3つがある。以下、eachの使い方を見ていこう。

2-1. 代名詞用法

  • (4) Each of the students must read one essay. (学生たちの一人ひとりは小論文を読まなくてはならない)
  • (5) We love each other. (私たちは互いに愛し合っている)

eachは代名詞として使われる。(4)のEach of the studentsは「その学生たちの一人ひとり」の意味である。

(5)のようにeach other(互いに)の形で用いられることもある。each otherは動詞や前置詞の目的語ほか、each other’sで所有格になる。主語としては使われない。

用語の解説
each otherは「相互代名詞」と呼ばれることがある。

2-2. 形容詞用法

  • (6) We have to install the software on each computer. (私たちはそれぞれのコンピュータにそのソフトウェアをインストールしなくてはならない)

eachは形容詞として使われる。(6)のeach computerは「それぞれのコンピュータ」の意味である。

「each+名詞」は単数で扱う
「each+名詞」は必ず単数で扱う。例えば、each computer(それぞれのコンピュータ)は複数台の機械がある前提だが、「それぞれ」と個別に指すので、文法上は単数扱いになる。

筆者注: 形容詞用法のeachは、通例、単数可算名詞の前だけに使われる。他の典型的な形容詞のように、be動詞の補語として使うことはできない。例えば、He is happy. (彼は幸せだ)と言えるが、He is each.は不可。

2-3. 副詞用法

  • (7) Peel your apples into 8 slices each. (りんごを1個につき8枚に剥いてください)
  • (8) The students are each making great progress. (学生たちはそれぞれ、よく上達している)

eachは副詞として使われる。(7)のeachは「1個につき(=それぞれ)」を表す。

(8)はeachが本来存在する主語の位置から移動して、be動詞の直後に置かれている例。Each of the students are…と解釈するとよい。

数量詞遊離
(8)のように数量詞が名詞句から離れた位置に現れる現象を数量詞遊離と呼ぶ。詳細は別記事に解説しているので、より深く知りたい方はご覧いただきたい。

3. everyの使い方

every
代名詞用法×
形容詞用法
副詞用法×

everyは形容詞用法のみで使用される。これは代名詞用法、形容詞用法、副詞用法の3つの機能があったeachとは対照的である。以下、everyの使い方を見ていこう。

3-1.「どの〜も」

  • (9) Every child is special. (どの子供も特別な存在です)
  • (10) Every one of the buildings was destroyed. (建物はどれもみな破壊された)

(9)のように、everyはもっぱら「どの〜も」の意味で使われる。everyの直後には可算名詞の単数形が使われる。

(10)のevery one of Aは「Aはどれでもみな」の意味。Every building…と言うのに比べて、より個々を強調したニュアンスになる。

3-2.「〜ごとに」

  • (11) We help 2 million people every year. (私たちは毎年二百万人を助けている)
  • (12) The meals rotate every two days. (食事は2日おきに入れ替わる)

everyは時間や期間をあらわす名詞と共にもちいて、「〜ごとに」の意味で使われることがある。(11)のevery yearは「毎年(= 1年ごとに)」の意味。

(12)のevery two days(2日おきに)のような用法もしばしば見られる。これは「2日間」を1つの単位とみなしているからであり、「everyの後には単数の名詞が使われる」の原則と何ら相違はない。

3-3.「もっともな/全面的な/あらゆる」

  • (13) Mary has every reason to be proud of her grandson. (メアリーは孫息子を誇りに思うもっともな理由がある)
  • (14) I have every confidence in the production team. (私は生産チームに全面的な自信がある)
  • (15) I looked for every opportunity to get involved in public service. (私は公共サービスに参画するあらゆる機会を探していた)

everyの後に抽象名詞を伴うことで、「もっともな/全面的な/あらゆる」といった意味で使われることがある。

(13)のevery reasonは「もっともな理由」、(14)のevery confidenceは「全面的な自信」、(15)のevery opportunityは「あらゆる機会」の意味で使われている。

3-4.「すべてが〜というわけではない」

  • (16) Not every phone is perfect. (すべての電話機が完璧というわけではない)
  • (17) We can’t answer every e-mail. (私たちはすべてのEメールに答えられるわけではない)

everyは否定語を伴うことで、「すべてが〜というわけではない」の意味で、部分否定を表すことがある。

(16)のNot every phone is…は「すべての電話機が…というわけではない」、(17)の…cannot answer every e-mail.は「すべてのEメールに答えられるわけではない」の意味。

4. まとめ

この記事では、eachとeveryについて詳細を解説してきた。

内容をまとめると次のようになる:

  1. eachは個別的のニュアンスがある
  2. everyは個別の集まりのニュアンスがある
  3. eachは2つ以上, everyは3つ以上の人・物に用いられる
  4. eachは代名詞用法, 形容詞用法, 副詞用法がある
  5. everyは形容詞用法のみで使われる

トイグルでは他にも、英文法に関する記事を執筆している。興味のある方はぜひご覧いただきたい。

トイグル英文法 英文法まとめ!はじめて学ぶ英語文法の全知識

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です