【緊急告知】無料で英語を学べる「全脳英語アカデミー」を開始!

英語のメタ言語比較とは? more A than Bの使い方を詳しく説明

メタ言語比較

英語のメタ言語比較とは、more A than Bの形であらわされるものである。

例えば、He is more good than bad.(彼は悪人というより善人だ)がメタ言語比較に該当する。

この記事ではメタ言語比較について詳細を解説する。学習の参考になるはずだ。

*目次

1. メタ言語比較は「BよりむしろA」をあらわす

メタ言語比較は「Bという語を用いるより、Aという語を用いるのがより適切」を述べる際に使われる。形は次のようになる。

more A than B(BよりむしろA)

冒頭の例をもう一度見てみよう。

  • (1) He is more good than bad. (彼は悪人というより善人だ)

Aに該当するのがgood、Bに該当するのがbadである。「BというよりAだ」なので、「悪人(bad)というよりgood(善人)だ」の意で解釈される。

メタ言語比較では、moreは形容詞を修飾しているわけではない。彼は「善人(good)」であって、「より良い人(more good: better)」ではない点に注意したい。

この理由から、メタ言語比較では、通常の比較級では-erを使う語も、常にmoreを用いる。次の例文はangrierではなくmore angryとなっている点に注意したい。

  • (2) She was more angry than sad. (彼女は悲しんでいるというより怒っていた)

A more than Bの形で使われることもある。

  • (3) She was angry more than sad. (彼女は悲しんでいるというより怒っていた)

メタ言語比較では、通常、比較で使われない語も使用できる。たとえば、dead(死んでいる)やalive(生きている)はふつうの比較級では使用しないが、メタ言語比較では容認される。

  • (4) He was more dead than alive. (彼は生きているというより死んでいるような状態だった)

メタ言語比較内の形容詞は、常識的に対比のできる組み合わせでしか使えない。たとえば、「背が高いというより良い人だ」は意味が合わないので不可。

  • (5) (誤) Jane is more good than tall.
用語の解説
「メタ言語比較」という用語はHuddleston and Pullumにしたがった。この構文を「高次比較文」と呼ぶ参考書もある。学習英和辞典では[more A than B]の項目で収録されているものもある。

2. メタ言語比較の使い方

メタ言語比較のAおよびBには、同じ性質の要素が入る。代表的なものに、形容詞、名詞、句、文副詞がある。

以下、それぞれの例を見ていこう。

2-1. more 形容詞 than 形容詞

  • (6) My hair became more black than brown. (髪は茶色というより黒色になった)
  • (7) I was more surprised than disappointed. (悔しいというより驚いた)

AとBの要素には形容詞が用いられることが多い。

(6)は色をあらわす形容詞が使われている例である。(7)のように分詞形容詞が用いられることもある。

2-2. more 名詞 than 名詞

  • (8) I’m more a writer than an editor. (私は編集者というより書き手です)
  • (9) The sign has more the look of a dark farewell than a warm welcome. (その看板は暖かい歓迎というより暗い別れのように見えます)

AとBの要素には名詞も用いられる。

(8)は話し手がan editor(編集者)というよりa writer(書き手)であると述べられている。

(9)はthe look of a dark farewell(暗い別れに見えること)と(the look of) a warm welcome(暖かい歓迎に見えること)が対比されている。

2-3. more 句 than 句

  • (10) We write these words more in sorrow than in anger. (我々はこれらの言葉を怒りよりも悲しみを持って書いています)

AとBの要素には句も用いられる。

(10)は前置詞を用いた句を使った例である。

2-4. more 文副詞 than 文副詞

  • (11) More amusingly than wisely, he often spoke to us in English. (賢明というより興味をそそられることに, 彼は私たちに英語で話しかけてきた)

(英語基本 形容詞・副詞辞典)

AとBの要素には文副詞も用いられる。

(11)はamusingly(興味をそそられる)とwisely(賢明に)が対比されている。

A rather than B
AとBが(文副詞ではない)副詞の場合、A rather than Bを用いるほうがふつう。

3. まとめ

この記事では、英語のメタ言語比較について詳細を解説してきた。

内容をまとめると次のようになる:

  1. メタ言語比較はmore A than Bであらわす
  2. メタ言語比較は「BよりむしろA」の意味
  3. メタ言語比較は常にmore型の比較を用いる
  4. 通常の比較級では用いられない形容詞を使うこともある
  5. AやBには形容詞, 名詞, 句, 文副詞などが入る

トイグルでは他にも、英文法に関する記事を執筆している。興味のある方はぜひご覧いただきたい。

トイグル英文法 トイグル式英文法|英語文法の学習に必要な知識と情報のすべて

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です