【限定3名】TOEIC対策のマンツーマン講座募集開始!

英語前置詞の3用法!副詞用法, 形容詞用法, 名詞用法について説明

前置詞つきの句

英語の「前置詞+名詞」は文中で様々な使われ方をする。

英語を学習しているあなたは、次のような疑問を持っていないだろうか?

  • 前置詞は名詞の修飾以外に使えるのか?
  • 前置詞を名詞の後と動詞の後に使う場合の違いは何か?
  • be動詞+前置詞の用法をどう解釈すればいいのか?

そこでトイグルでは英語前置詞の機能について説明していきたい。学習の参考になるはずだ。

*目次

前置詞の個別の用法は別記事で解説
前置詞at, on, inなどの個々の用法は別記事で解説している。「そもそも前置詞って何…?」という方は下記の記事から読んでみよう。その後に本記事に戻ることで前置詞の理解が深まるはずだ。

*前置詞つきの句には3つの用法がある

英語の前置詞とは、at、on、inなどに代表される語(または句)である。

前置詞は通例、名詞(または名詞相当語句)を伴うことで「前置詞つきの句」を形成する。例を見てみよう。

  • (1) The committee consists of five members. (その委員会は5人のメンバーを含んでいる)
  • (2) John is from Australia. (ジョンはオーストラリア出身です)
  • (3) Between nine and ten would suit me. (9時と10時の間が都合が良いです)

(1)は前置詞ofにfive members(5人のメンバー)、(2)は前置詞fromにAustralia(オーストラリア)、(3)は前置詞betweenにnine and ten(9時と10時)が続く例である。

前置詞つきの句は文中で、副詞句になる副詞用法、形容詞句になる形容詞用法、名詞句になる名詞用法の3つの使い方がある。

副詞用法は(1)のように前置詞つきの句が動詞等の要素を修飾する。形容詞用法は(2)のように前置詞のつきの句が補語になったり、名詞を修飾する。名詞用法は(3)のように主語として使われる。

これまでの議論をまとめると次のようになる。

副詞用法副詞句として用いる
例文(1)に相当
形容詞用法形容詞句として用いる
例文(2)に相当
名詞用法名詞句として用いる
例文(3)に相当

各用法の違いは何だろうか? 文中でどのような区別をして使われるのだろうか? 以下、それぞれの詳細を説明しよう。

注: 「前置詞句」という名称を用いる文法書もある。本記事では「前置詞つきの句」で統一したい。

1. 前置詞の副詞用法

前置詞つきの句は副詞句として用いられる。

1-1. 動詞の修飾

  • (4) I agree with you. (あなたに賛成です)

副詞句として用いられる前置詞つきの句は、動詞を修飾するはたらきを持つ。

(4)はwith you(あなたに)がagree(同意する)を修飾している例である。

1-2. 形容詞の修飾

  • (5) My mother is good at cooking. (私の母は料理が上手です)

副詞句として用いられる前置詞つきの句は、形容詞を修飾するはたらきを持つ。

(5)はat cooking(料理が)がgood(上手)を修飾している例である。

1-3. 副詞の修飾

  • (6) I’m living away from home. (私は家から離れて暮らしています)

副詞句として用いられる前置詞つきの句は、副詞を修飾するはたらきを持つ。

(6)はfrom home(家から)がaway(離れて)を修飾している例である。

1-4. 文全体の修飾

  • (7) In my opinion, most people do not need these type of bikes. (私の意見として、ほとんどの人々はこれらの種類の自転車を必要としていない)
  • (8) My wife has never, to my knowledge, visited Toronto. (私の知る限り妻はトロントを訪れたことがない)

副詞句として用いられる前置詞つきの句は、文全体を修飾するはたらきを持つ。

(7)は前置詞つきの句が文頭、(8)は文中に用いられている例である。

2. 前置詞の形容詞用法

前置詞つきの句は形容詞句として用いられる。

2-1. 限定用法

  • (9) Students in the class are asked to write an essay. (クラスの学生は小論文を書くよう求められる)

形容詞句として扱われる前置詞つきの句は、限定用法で用いられる。限定用法は名詞の意味を限定するもので、前置詞つきの句の場合、名詞の後ろに置かれる。

(9)はStudents in the class(クラスの学生)の意味である。

2-2. 叙述用法

  • (10) A new campus is under construction. (新しいキャンパスは建設中です)
  • (11) Please make yourself at home. (どうぞごゆっくりおくつろぎください)

形容詞句として扱われる前置詞つきの句は、叙述用法としても用いられる。

叙述用法は主語の性質や状態を説明するもので、(10)のような主語補語の場合と、(11)のような目的語補語の場合がある。

3. 前置詞の名詞用法

まれな場合として、前置詞つきの句は名詞句として使われる。

3-1. 主語

  • (12) Across the street is an old-fashioned candy store. (通りの向かいには古い駄菓子屋がある)
  • (13) After dinner would suit me. (夕食の後が都合が良いです)

名詞句として扱われる前置詞つきの句は、主語になる。

(12)はAcross the street(通りの向かい)、(13)はAfter dinner(夕食の後)が主語として使われている例である。

3-2. 前置詞の目的語

  • (14) A low voice replied from behind the door. (ドアの向こう側から低い声が返ってきた)

名詞句として扱われる前置詞つきの句は、前置詞の目的語になる。

(14)はbehind the door(ドアの向こう側)が前置詞fromの目的語として扱われている例である。

from behind the doorの構造
(14)は[from [behind the door]]のように、前置詞fromの目的語にbehind the doorという前置詞つきの句が名詞句として続く構造である。fromとbehindという2つの前置詞が並列になっているわけではない点に注意しよう。

4. まとめ

この記事では、前置詞の機能について詳細を解説してきた。

内容をまとめると次のようになる:

  1. 前置詞に名詞(相当語句)を伴うことで「前置詞つきの句」になる
  2. 前置詞つきの句には3つの用法がある
  3. 副詞用法は前置詞つきの句が副詞句として用いられること
  4. 形容詞用法は前置詞つきの句が形容詞句として用いられること
  5. 名詞用法は前置詞つきの句が名詞句として用いられること

トイグルでは他にも、英文法に関する記事を執筆している。興味のある方はぜひご覧いただきたい。

トイグル英文法 英文法まとめ!はじめて学ぶ英語文法の全知識

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です