限定16名!TOEIC対策セミナーの詳細はこちら

英語の複合関係詞とは?whatever, whoever, whenever等の使い方を説明

複合関係詞

英語を学んでいると、whatever(…するものは何でも)、whoever(…する人は誰でも)、whenever(…する時はいつでも)などの使い方に苦戦することが多い。

あなたは次のような悩みを持っていないだろうか?

  • -everの使い方がわからない
  • TOEIC文法問題で-everが問われる問題が苦手
  • 英会話で-everをよく聞くが、使いこなせない

そこでトイグルでは、-everに関連する語の使い方をまとめた。例文を豊富に用いたので、学習の参考になるはずだ。

*目次

1. 複合関係代名詞の使い方

複合関係代名詞にはwhateverwhoeverwhomever)、whicheverの3種類がある。

それぞれ、名詞節を導く場合(名詞用法)と副詞節を導く場合(副詞用法)がある。意味の違いは次のとおり:

名詞用法副詞用法
whatever…するものは何でも何が…しようとも
whoever…する人は誰でも誰が…しようと
whichever…するどちらでもどちらが…しようとも

詳細を見ていこう。

1-1. whatever

  • (1) We’ll do whatever is necessary to help the patient. (私たちは患者を助けるために必要なことは何でもする)
  • (2) I want to do whatever he says. (彼が言う事ならなんでもしたい)
  • (3) Whatever happens, I have to pass the exam. (何が起きようとも、試験に合格しなくてはならない)

(1)はwhateverが名詞節の主語、(2)は名詞節の目的語として使われている例。どちらも「…することは何でも」の意味。

(3)はwhateverが副詞節として使われている例。「何が…しようとも」の意味。

それぞれの構造を分解すると、次のようになる:

  • (1′) We’ll do / [whatever / is / necessary / to help / the patient].
  • (2′) I / want / to do / [whatever / he says].
  • (3′) <Whatever / happens>, / I / have / to pass / the exam.
whateverの補足説明
(1)はwhatever is necessaryが文の目的語として埋め込まれている。whatever is necessaryのみに注目すれば、whateverは節の主語。
(2)は該当箇所が文の目的語として埋め込まれている。whatever he saysのみに注目すればwhateverはsaysの目的語。
(3)はWhatever happensが主たる節(I have to pass…)とは独立した節。

1-2. whoever / whomever

  • (4) Whoever gets the highest mark wins the prize. (最高得点を出した人なら誰でも受賞します)
  • (5) They could vote for whoever they wanted. (彼らの望む人なら誰でも投票できます)
  • (6) Whoever you are, thank you very much! (あなたが誰であろうと、本当にありがとう!)

(4)はwhoeverが名詞節の主語、(5)は名詞節の目的語として使われている例。どちらも「…する人は誰でも」の意味。

(6)はwhoeverが副詞節として使われている例。「誰が…しようと(…が誰であろうと)」の意味。

それぞれの構造を分解すると、次のようになる:

  • (4′) [Whoever / gets / the highest mark] / wins / the prize.
  • (5′) They / could vote for / [whoever / they wanted].
  • (6′) <Whoever / you / are>, / thank / you / very much!
whoeverとwhomeverの違い
whomeverはwhoeverの目的格なので、(5)をwhomever they wantedと言ってもよい。whomeverはやや古い表現とされ、whoeverで代替されることが多い。

1-3. whichever

  • (7) Whichever of my friends wasn’t working that day. (私の友人のうちあの日に働いていた人はいなかった)
  • (8) Choose whichever you like. (あなたの好きなものをどちらでも選んでください)
  • (9) Whichever route you choose, have a wonderful trip. (どちらのルートを選んでも、良い旅を!)

(7)はwhicheverが名詞節の主語、(8)は名詞節の目的語として使われている例。「…するどちらでも」の意味。

(9)はwhicheverが副詞節として使われている例。「どちらの…でも」の意味。

それぞれの構造を分解すると、次のようになる:

  • (7′) [Whichever / of my friends] / wasn’t working / that day.
  • (8′) Choose / [whichever / you like].
  • (9′) <Whichever route / you choose>, have / a wonderful trip.
whichever of my friendsの補足
(7)のwhichever of my friendsはone of them(A of B)と同じ構造で、つまり「私の友達のうちのどちらも」の意味である。
whatの使い方は別記事で解説
複合関係代名詞whatの使い方は別記事で詳しく解説している。より深く知りたい方はぜひご覧いただきたい。

2. 複合関係副詞の使い方

複合関係副詞にはhoweverwheneverwhereverの3種類がある。

複合関係副詞は副詞用法で使われるが、大きく分けて意味が2種類ある。それぞれ次のとおり:

副詞用法1副詞用法2
howeverどのような方法で…しようともどんなに…しようとも
whenever…する時はいつでもいつ…しようとも
wherever…する所ではどこでもどこで…しようとも

詳細を見ていこう。

2-1. however

  • (10) Waste your time however you want. (あなたの望むように時間を無駄にすればいい)
  • (11) However hard it is, you can make it. (どんなに困難でも、あなたは成し遂げられる)

(10)はhoweverが「どのような方法で…しようとも」の意味で使われている例。直訳すれば「どのような方法を望もうとも…」

(11)はhoweverが「どんなに…しようとも」の意味で使われている例。

それぞれの構造を分解すると、次のようになる:

  • (10) Waste / your time / <however / you want>.
  • (11) <However hard / it / is>, / you / can make / it.
howeverは「しかしながら」
howeverは「しかしながら」の意味で副詞として使われることが圧倒的。

2-2. whenever

  • (12) The roof leaks whenever it rains. (雨が降る時はいつでも屋根が雨漏りする)
  • (13) I am here for you whenever you may need. (いつ必要であっても、私はあなたのためにここにいます)

(12)はwheneverが「…する時はいつでも」、(13)は「いつ…しようとも」の意味で使われている例。(13)のmayは不確実性を強調する際に用いる。

それぞれの構造を分解すると、次のようになる:

  • (12′) The roof / leaks / <whenever / it / rains>.
  • (13′) I / am / here / for you / <whenever / you / may need>.

2-3. wherever

  • (14) Go wherever you like. (あなたの好きなところならどこでも行きなさい)
  • (15) Let us join you wherever you may be on that journey. (あなたが旅でどこへ行こうとも、合流しましょう)

(14)はwhereverが「…する所ではどこでも」、(15)は「どこで…しようとも」の意味で使われている例。(15)のmayは不確実性を強調する際に用いる。

それぞれの構造を分解すると、次のようになる:

  • (14′) Go / <wherever / you / like>.
  • (15′) Let / us / join / you / <wherever / you / may be / on that journey>.
複合関係副詞は接続詞?
辞書によっては、複合関係副詞が従位接続詞として定義されているものもある。例えば、(12)はThe roof leaks when it rains.と書いても構造上は同じである(意味は異なる)。「複合関係副詞と接続詞のどちらなのか?」ということに、あまり厳密にこだわりすぎる必要はない。

3. 複合関係形容詞の使い方

複合関係形容詞は、whicheverwhateverを形容詞的に使う用法である。

3-1. whatever

  • (16) Good luck with whatever decision you make. (あなたの行うどの意思決定にも幸運を祈る)

(16)はwhateverが複合関係形容詞として使われている例。「…するどの…でも」の意味。

構造を分解すると、次のようになる:

  • (16′) Good / luck / with / [whatever decision / you / make].
「whatever+名詞」は単数扱い
例: Whatever decision is made.

3-2. whichever

  • (17) Select whichever car you like. (好きな車ならどれでもお選びください)

(17)はwhicheverが複合関係形容詞として使われている例。「…するどちらの」の意味。

構造を分解すると、次のようになる:

  • (17′) Select / [whichever car / you / like].

*まとめ

この記事では、英語の複合関係詞について詳細を解説してきた。

内容をまとめると次のようになる:

  1. 複合関係代名詞はwhatever, whoever, whicheverがある
  2. 複合関係代名詞は名詞用法と副詞用法がある
  3. 複合関係副詞はhowever, whenever, whereverがある
  4. 複合関係形容詞はwhichever, whateverがある

トイグルでは他にも、英文法に関する記事を執筆している。興味のある方はぜひご覧いただきたい。

英文法まとめ!はじめて学ぶ英語文法の全知識

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です