前置詞overの使い方!覚え方のポイントは「半円形の経路」のイメージを理解すること

前置詞over

英語のoverとは、over the river(川を越えて)などを典型的な用法とする前置詞である。

overは複数の意味を持つ多義語であり、使い方を覚えるのが難しい。英語を勉強しているあなたは、「overの用法がわからない」とお悩みではないだろうか?

そこでトイグルでは、前置詞overについて詳細を解説していく。overと他の前置詞の違いも紹介するため、英語初級者から上級者まで、学習の役に立つはずだ。

*目次

1. 前置詞overの中心的な意味は「半円形の経路」

前置詞overのイメージ

英語の前置詞は多くの場合、一つの核となる意味があり、それが比喩的に派生して複数の用法に発展している。overの中核的な意味は「半円形の経路」であり、多くの用法がこのイメージで理解できる。

「半円形の経路」について知るため、4つの例を見てみよう:

前置詞overの使い方
  • (a) Smith jumped over the water. (スミスは水たまりを飛び越した)
  • (b) The plane flew over the building. (飛行機はビルの上を飛んでいった)
  • (c) The sun came up over the hills. (太陽が丘の向こうから登ってきた)
  • (d) Roy fell over the chair (ロイは椅子から落ちた)

(a)の「飛び越える」は、overの持つ半円形の経路のイメージがそのまま使われている事例。(b)は「飛行機がビルの上を飛んだ」で、これは経路の中央部分に焦点が置かれている。

(c)の「登ってくる」は経路の上向き部分、(d)の「落ちる」は経路の下向き部分に焦点が置かれている。用法は様々だが、いずれの場合も半円形の経路が中心であることが、おわかりいただけるだろう。

2. 前置詞overの使い方

前置詞overは「半円形の経路」を中心的な意味として、そこから様々な用法に派生する。トイグルでは、前置詞overの意味ネットワークを次のように定義した。

前置詞overの意味ネットワーク

用法を1つずつ見ていこう。

2-1. 位置・経路を表すover

位置・経路を示すover
  • (1) A thick mist hung over the mountain. (濃い霧が山にかかっていた)
  • (2) Oliver tried to jump over a fence. (オリバーはフェンスを飛び越えようとした)
  • (3) Jack tossed the rope over the branch. (ジャックはロープを枝に投げた)
  • (4) Susan is over the bridge now. (スーザンはもう橋を渡ってしまっている)

(1)は位置を表すover。霧が山の真上にかかっている様子を示す。overの持つ半円が静的に使われている事例。

(2)は経路を表すover。ジャンプをしてフェンスを飛び越える動作は、弧を描く半円そのもの。位置のoverと違い、経路のoverは動的なイメージを持つ。

(3)も経路を表すover。ジャックがロープの片側を持ち、もう片方を投げて枝にかかるといった様子が示されている。ロープがたどる経路を表していることから「伸びる経路」と言っても良いだろう。

(4)は結果状態を表すover。スーザンは橋を渡ったことにより、現在の場所に到達した。橋を渡る経路ではなく、橋を渡った「結果」に焦点が置かれた例。

「つまずく」を表すover
overは「つまずく」を表すこともある.
例: Emily fall over a stone. (エミリーは石に躓いた)

2-2. 覆っている状態を表すover

覆っている状態のover
  • (5) Spread a few paper towels over the sink drain. (何枚かの紙タオルを流しの排水管に広げてください)
  • (6) Oscar hit him over the head with the hammer. (オスカーはハンマーで彼の頭をたたいた)
  • (7) Lily has become popular all over the world. (リリィは世界中で人気になった)
  • (8) We went over the checklist together. (一緒にチェックリストをよく調べた)

(5)は覆っている状態を表すover。紙タオルが排水管を覆っている。位置のoverは離れた状態で「上に」だったが、覆いのoverは接触している状態で「上に」の意味。

(6)は「たたく」を表すover。覆いのoverの一種。

(7)は全域を表すover。場所・地域を覆うことで、全域に状態が広がると考える。この用法ではallを伴うことが多い。

(8)は「考えて」を表すover。覆っている状態が比喩的に解釈されたもの。go over(よく考える)、run over(しっかりと見直す)などがよく使われる。

2-3. 上位を表すover

  • (9) Barcelona maintained a two point lead over Real Madrid. (バルセロナはレアル・マドリードに対して2ポイントのリードを維持した)
  • (10) I would prefer coffee over tea. (私はお茶よりコーヒーがいいです)

(9)は上位を表すover。半円形の経路のイメージが比喩的に用いられている例。

(10)は優先を表すover。上位のoverの一種。お茶よりもコーヒーが優先であることを示す。

支配を表すover
overは支配を表すこともある.
例: I have no control over what he does. (彼がすることの制御手段がない)

2-4. 時間を表すover

  • (11) Relax over the weekend, Denise. (週末はリラックスしなさい、デニス)
  • (12) We continued the discussion over lunch. (昼食を食べながら議論を続けた)

(11)は期間を表すover。半円形の経路のイメージが物理的空間から時間的空間へと拡張された例。例文は「週末の間は…」の意味。

(12)は同時進行を表すover。その時間に何かが行われたことは、同時進行と解釈される。

2-5. その他の用法のover

  • (13) World Soft employs over 100 people in San Diego. (ワールド・ソフト社はサンディエゴで100人以上の人を雇っている)
  • (14) Sophie got over the shock of the haircut. (ソフィはそのヘアカットのショックから立ち直った)
  • (15) Economists have long argued over the meaning of capital. (エコノミストは資本の意味を長く議論してきた)
  • (16) You can look reviews over the Internet. (インターネットでレビューを見られますよ)

(13)は超過を表すover。数・量が溢れ出ている様子を示す。

(14)は克服を表すover。困難や障害から立ち直るの意味。

(15)は関連を表すover。「…について」と解釈するとわかりやすい。

(16)は手段を表すover。他にもover the telephone(電話で)やover the radio(ラジオで)のように使える。

分数を表すover
overは分数を表す際にも使う.
例: thirty-one over sixty (60分の31)

3. overと他の前置詞の違い

overは他の前置詞と比較することにより、用法の違いがいっそう際立つ。

ここでは、位置を表すoverとaboveの違い、期間を表すoverとthroughの違い、全域を表すoverとthroughoutの違いについて説明していきたい。

3-1. 位置を表すoverとaboveの違い

overとaboveは共に「…の上に」を表すが、そのニュアンスが異なる。次の例文を比較してみよう:

  • The gym is over the cafe. (ジムはカフェの上にある)
  • The gym is above the cafe. (ジムはカフェの上にある)

上の例文(over the cafe)では前置詞overが使われている。overは「直接的に上(真上)」の意味なので、同じ建物内でカフェが1階、ジムが2階、といったような状況を示唆する。

下の例文(above the cafe)では前置詞aboveが使われている。aboveは「単にあるものが高い位置にある」の意味なので、カフェが1階でジムが2階、あるいはカフェが1階でジムが3階など、複数の解釈が生まれる。

3-2. 期間を表すoverとthroughの違い

「…の間」の意味で、動作や状態の継続を表す場合、overやthrough(out)が使用できる。次の例文を比較してみよう。

  • We camped there over the weekend. (私たちは週末にそこでキャンプをした)
  • We camped there through(out) the summer. (私たちは夏の間そこでキャンプをした)

(A Comprehensive Grammar of the English Language)

上の例文(over the weekend)は前置詞overが使われている。overは休日や祝祭日を表す語と共に使用する場合が多い。

下の例文(through the summer)は前置詞throughが使われている。throughは「夏の間」など、長い期間を表す際に使用することが多い(throughoutは「ずっと」の強調)。

ただし、over the winter(冬の間)のように比較的長い期間にoverを使ったり、through the night(夜じゅう)のように比較的短い時間にthroughを使う場合もある:

  • I was running on this path over the winter. (冬の間この道を走っていた)
  • Service representatives worked through the night. (顧客担当者は夜じゅう働いていた)
over Mondayは不自然
over Saturdayやover Sundayは容認される一方, over Mondayは通常使わない. 英語の世界では土曜・日曜は特別な日である一方, 平日は普通の日だからか.

3-3. 全域を表すoverとthroughoutの違い

「…を隅々まで」の意味で<全域>を表す際、overとthroughoutは交換可能な場合が多い:

  • They’ve travelled all over the world. (彼らは世界中を旅した)
  • They export their products to markets throughout the world. (彼らは世界中のマーケットに製品を輸出する)

(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)

throughにも「隅々まで」の意味はあるが、throughoutは「くまなく」の意味が強調される:

  • I looked through the reviews on the store. (お店のレビューを詳しく調べた)
  • I searched throughout the rest of the document. (書類の残りの部分をくまなくさがした)

4. まとめ

この記事では、英語の前置詞overについて詳細を解説してきた。

内容をまとめると次のようになる:

  1. 前置詞overは「半円形の経路」のイメージ
  2. 位置、経路、覆うが基本的な用法
  3. 似た用法の他の前置詞がある

英語初級者の方は、基本的な用法である場所から覚えよう。中級者の方は比喩的に拡張された意味を理解すると良い。上級者の方は、他の前置詞との使い分けができると表現の幅が広がる。

トイグルでは他にも、英文法に関する記事を執筆している。興味のある方はぜひご覧いただきたい。

英文法まとめ!はじめて学ぶ英語文法の全知識

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です