【緊急告知】無料で英語を学べる「全脳英語アカデミー」を開始!

英語のmoreの使い方!no more thanなどの慣用表現も詳しく説明

moreの使い方

英語のmoreは「もっと」の意味の単語である。

英語を学習しているあなたは、次のような疑問を持っていないだろうか?

  • moreの使い方がわからない…
  • moreにthanがつかない場合があるのはなぜ…?
  • moreを使った慣用表現の意味を知りたい…

そこでトイグルでは、moreについて詳細を解説していく。学習に参考になるはずだ。

*目次

本記事は長文なのですべてを読む必要はありません。英語初心者の方は『1. moreには3通りの使い方がある』だけを読めばmoreの全体像がわかります。中級者の方は『2. moreの代名詞用法』, 『3. moreの形容詞用法』, 『4. moreの副詞用法』を読めばより深い知識が得られるでしょう。『5. moreを使った慣用表現』は辞書代わりとしてお使いください。

1. moreには3通りの使い方がある

moreの意味をひとことで言えば、「量や程度が基準よりも高い(多い)」ことをあらわす際に使う単語である。

moreはこの意味を中心に、代名詞用法形容詞用法副詞用法の3通りの使い方がある。

代名詞用法もっと多くの事・物
形容詞用法もっと多くの
副詞用法もっと

例を見てみよう。

  • (1) I’d like some more. (もっといただけますか)
  • (2) I need to drink more water. (もっと水が飲みたい)
  • (3) Please be more careful. (もっと注意してください)

(1)はmoreが代名詞用法で使われている例である。代名詞用法と判断できるのは、moreが述語動詞likeの目的語になっていることによる。代名詞用法のmoreは「もっと多くの事(物)」の意味になる。

(2)はmoreが形容詞用法で使われている例である。moreが名詞water(水)の直前に置かれ、これを修飾している関係にある。形容詞用法のmoreは「もっと多くの」の意味になる。

(3)はmoreが副詞用法で使われている例である。moreが形容詞carefulの直前に置かれ、これを修飾している関係にある。副詞用法のmoreは「もっと」の意味になる。

このように、moreとひとことで言っても、使われる位置によって品詞の判断が異なる。英文を読んだり書いたりする際は、こうした違いに注意しよう。

以下、moreのさらに詳しい使い方を見ていく。

moreにはthanが伴うとは限らない
学習中、moreは接続詞than(…よりも)との組み合わせで覚えることが多いが、これは必ずしも正しくない。thanを伴わずにmoreを使う場合も多いからである。どのような場面でthanを使い、またどのような場面でthanを使わないのか、本記事で随時解説する。

2. moreの代名詞用法

moreの代名詞用法について述べていく。

2-1. more

  • (4) I’d like to know more about Japan. (日本についてもっと多くのことを知りたい)
  • (5) I don’t want any more. (これ以上は結構です)

代名詞用法のmoreは単独で使われることがある。

(4)のmoreは「もっと多くのこと」、(5)のmoreは「それ以上のこと(もの)」の意味である。

2-2. more of a(n) A

  • (6) He is more of a fool than I thought. (彼は私が思っていたより馬鹿な人です)

more of a(n) Aは「…よりもずっとA」の意味で使われる。(6)は「(私が思っていたより)ずっと馬鹿な人」の意味である。

ofの省略
この構文ではofおよびその直後の不定冠詞が省略されることがある。(6)はHe is more fool than I thought.と同義。この場合、名詞は無冠詞となる。また、moreの分類は副詞になる。

2-3. more of A

  • (7) I’ll let him eat more of the salad. (彼にもっと多くのサラダを食べさせるようにします)
  • (8) I can’t stand much more of this. (これ以上は耐えられません)
  • (9) I hope we’ll see more of you. (これからも度々お会いできればと思います)

(8, 9: OALD10)

more of Aは「…より多くのもの(こと・ひと)」の意味で使われる。Aには定冠詞theなどで限定された名詞のほか、代名詞などが入る。

(7)は「more of the 名詞」、(8)は「more of 指示代名詞」、(9)は「more of 人称代名詞」の例である。

3. moreの形容詞用法

moreの形容詞用法について述べていく。

3-1. more A (より多くの)

  • (10) Hasbro Publishing is selling more books than ever before. (ハスブロ出版は以前よりも多くの本を売っている)
  • (11) I’ve heard more information than I can even remember. (覚えられるよりも多くの情報を聞いた)

形容詞用法のmoreは「より多くの」の意味で使われる。主に名詞を修飾する。

(10)はmoreがmanyの比較級として、(11)はmoreがmuchの比較級として使われている例である。

thanは必須ではない
比較対象を指定せず「より多い」という場合、than節は必ずしも必要ではない。たとえば、More students are…(より多くの学生が…)とかI need more water.(もっとたくさんの水が必要だ)といった言い方も可能である。

3-2. more A (余分の)

  • (12) Wait three more days. (もう3日間待ってください)
  • (13) Here are a few more examples. (こちらはさらにいくつかの例です)
  • (14) I made a little more money. (少しばかりのお金を稼いだ)
  • (15) I will give you one more chance. (もう1回だけチャンスを与えましょう)
  • (16) Would you like some more coffee? (コーヒーのおかわりはいかがですか)
  • (17) Any more questions? (他のご質問はありますか)
  • (18) I want no more wars. (もう戦争はしたくない)

形容詞用法のmoreは「余分の」や「それ以外の」の意味で使われることがある。この意味のmore Aは数詞ほか、様々な数量表現とともに使われる。

(12)は「数詞+more A」、(13)は「a few+more A」、(14)は「a little+more A」、(15)は「one+more A」、(16)は「some+more A」、(17)は「any+more A」、(18)は「no+more A」の例である。

「余分の」のmoreにはthanがつかない
「余分の」の意味のmoreには通例、thanがつかない。

4. moreの副詞用法

moreの副詞用法について述べていく。

4-1. more A

  • (19) The third question is more interesting. (3つ目の質問はより興味深い)
  • (20) Talk more quietly. (もっと静かに話してください)
  • (21) More importantly, he’s still 30 years old. (より重要なのは, 彼がまだ30歳ということです)
  • (22) I need to feel more at home. (もっとくつろいでいたい)

副詞用法のmoreは「もっと」や「いっそう」の意味で使われる。主に形容詞と副詞を修飾する。

(19)は形容詞、(20)は副詞を修飾している例。(21)のような文副詞や、(22)のような前置詞句を修飾することもある。

4-2. S V (O) more

  • (23) I couldn’t agree with you more. (これ以上ないほど同感です)
  • (24) Muscle weights more than fat. (筋肉は脂肪よりも重い)

副詞用法のmoreは「もっと(Oを)Vする」の意味でも使われる。

(23)のmoreは「同意する」、(24)のmoreは「重い」を修飾している。

語修飾と述語修飾
more Aは語修飾、S V (O) moreは述語修飾という点に違いがある。

4-3. 数詞等+more

  • (25) It takes 10 minutes more to set up. (設定には10分余分にかかる)
  • (26) I can’t work any more. (もう働けません)
  • (27) Once more, thank you! (あらためて, ありがとうございました)

副詞用法のmoreは直前に数詞等を伴って使われることがある。

(25)は「数詞+more」、(26)はany more、(27)はonce moreの例である。

5. moreを使った慣用表現

moreを使った慣用表現を紹介していく。

5-1. all the more

  • (28) That’s all the more reason to consider joining. (だからこそ参加を検討してみてください)
  • (29) This is all the more remarkable. (これはさらに注目すべきです)
  • (30) The portrait is all the more interesting for its unusual colouring. (この肖像画は珍しい色使いでいっそう興味深くなっている)

all the moreは「それだけいっそう」や「なおさら」の意味の慣用表現である。

(28)は「all the more+名詞」の例、(29)は「all the more+形容詞」の例である。(30)ではfor以下が理由をあらわす。

5-2. little more than

  • (31) He was little more than a prisoner. (彼は単なる囚人にすぎなかった)
  • (32) He could do little more than say hello to guests. (彼は客に挨拶するくらいしかできなかった)

little more thanは「…にすぎない」の意味の慣用表現である。

(31)は直後に名詞を伴っている例である。(32)のように動詞を伴う場合、little more thanの直前にdoが入る。

5-3. more and more

  • (33) More and more companies are using video. (ますます多くの会社が動画を活用している)
  • (34) I slowly became more and more relaxed. (私は徐々にリラックスしていった)
  • (35) He loved her more and more. (彼は彼女を徐々に好きになった)
  • (36) The region became more and more of an economic backwater. (その地域はますます経済的な僻地と化していった)

(36: OALD10)

more and moreは「ますます」や「だんだん」の意味の慣用表現である。

(33)は「more and more+名詞」の例である。この場合、more and moreは形容詞用法である。

(34)は「more and more+形容詞」の例、(35)は「S V O more and more」の例である。いずれも副詞用法である。

(36)のように「more and more of X」の形で使われることもある。

複数個の形容詞
more and more A, B and Cのように複数個の形容詞(あるいは副詞)を用いることもできる。

5-4. more A than B

  • (37) He is more good than bad. (彼は悪人というより善人だ)

more A than Bは「BというよりAだ」の意味の慣用表現である。

(37)はhe is bad(彼は悪人だ)というよりhe is good(彼は善人だ)と述べている。

メタ言語比較
more A than Bはメタ言語比較とも呼ばれる。詳しくは別記事で解説しているので、より深く知りたい方はご覧いただきたい。
英語のメタ言語比較とは? more A than Bの使い方を詳しく説明

5-5. more or less

  • (38) Bake them for 10 minutes more or less. (それらをだいたい10分間焼いてください)
  • (39) The article is more or less correct. (その記事はほとんど合っている)
  • (40) He’s more or less retired from acting. (彼は結局、演劇から引退した)

more or lessは「だいたい」や「多かれ少なかれ」の意味の慣用表現である。

(38)のように数量表現の後に置かれると「だいたい」の意味で解釈される。(39)は「(誤差は重要ではなく)ほとんど」の意味。(40)のように「結局は」の意味で解釈されることもある。

5-6. more than

  • (41) Your home is more than just a place to live. (家は単に住むだけの場所ではありません)
  • (42) We would be more than happy to help you. (喜んでお手伝いいたします)
  • (43) It’s more than I can afford to pay. (それは私には買えない)

more thanは「…以上に」、「十分に」、「…どころではない」の意味の慣用表現である。

(41)は「more than+名詞」の例。住むだけではあり余る以上の価値があるというのが元の意味で、そこから、「単に住むだけの場所ではありません」となる。

(42)は「more than+形容詞」の例、(43)は「more than+節」の例である。

数詞を従える場合のmore than
たとえばmore than four hundred rooms(四百部屋以上)のように、数詞を従えて「…以上」の意味になる用法もある。

5-7. more than a little

  • (44) The results were more than a little shocking. (結果は少なからず衝撃的だった)

more than a littleは「少なからず」の意味の慣用表現である。

(44)は「more than a little+形容詞」の例で、「少なからず衝撃的だった」の意味である。

5-8. no more

  • (45) There is no more wine. (ワインはもうない)
  • (46) My father is no more. (父は死んでしまった)
  • (47) I had no complaints and no more did Tom. (私は不満がありませんでしたし、トムもまたそうでした)

(47: OALD10)

no moreは「もう…ない」の意味の慣用表現である。

(45)は「no more+名詞」の例である。(46)のように「(人がもう)存在しない」の意味になることがある。

(47)のように否定文を受けると「…もまた…ない」の意味になる。倒置が起こることに注意したい。

No more Hiroshimas
「広島の惨劇は繰り返すな」の意味では、必ずHiroshimasと複数形にしなければならない。もし、No more Hiroshimaと単数形にすると「広島はもう存在しない」の意味になってしまう。

5-9. no more than A

  • (48) It’s no more than four miles to the campus. (キャンパスまで4マイルもありません)
  • (49) It was no more than a guess. (それは推測の域を出たものではなかった)
  • (50) He received a large reward, which was no more than his due. (彼は多額の報酬を受け取ったが、それはまさに当然というべきものだった)

(50: OALD10)

no more thanは「たった…」や「…にすぎない」の意味の慣用表現である。

(48)は「わずか」、(49)は「Aにすぎない」の意味で使われている。(50)のように「まさに…というべき」の意味になることもある。

5-10. no more A than B

  • (51) I could no more speak to her than fish may breathe out of water. (魚が水から出て息ができないように, 私は彼女に話しかけられなかった)
  • (52) She has no more money than you have. (彼女はあなたと同じくらいのお金しか持っていない)
  • (53) The Wikitravel guide is no more reliable a source than any blog. (ウィキトラベルガイドは…)

no more A than Bは「Bでないのと同様にAでない」の意味の慣用表現である。

(51)は「魚が水から出て息ができない」ことと同じくらいの様子で、「私は彼女に話しかけられなかった」と述べている。than以下に自明の事柄を置くことで、そのくらいAの程度が甚だしいと言うものである。

(52)のように「Bと同じ数量のAしか…ない」の意味で使われることもある。(53)のように「no more+形容詞+不定冠詞+名詞」の語順になることもある。

クジラの構文
この構文はA whale is no more a fish than a horse is.(馬が魚でないのと同様に, クジラも魚ではない)の例文によって「クジラの構文」と呼ばれてきたものである。

注: クジラは哺乳類なので魚類ではない。

5-11. nothing more than A

  • (54) It’s nothing more than a scam. (それは詐欺以外の何物でもない)
  • (55) He did nothing more than play video games. (彼はただゲームをしただけだった)
  • (56) She wanted nothing more than to go home. (彼女はただ家に帰りたかった)

nothing more than Aは「ただの…にすぎない」の意味の慣用表現である。

(54)は「nothing more than+名詞」、(55)は「nothing more than+動詞」、(56)は「nothing more than+不定詞」の例である。

5-12. not more than A

  • (57) It should be not more than three words. (多くて3語としましょうか)

not more than Aは「多くてA」の意味の慣用表現である。「Aよりは多くない」のニュアンスになる。

(57)は「多くて3語とする」の意味。「せいぜい3語」と言ってもよい。

not A more than B
「not more A than B」は「BほどAでない」の意味である。

5-13. the more …, the more …

  • (58) The more you sleep, the faster you will feel better. (より眠るほどより速く良くなる)

the more…, the more…は「…すればするほど、…になる」の意味の慣用表現である。

(58)のようにthe moreの後ろにSVと続くことが多い。

比例比較級
the more…, the more…の構文は「比例比較級」と呼ばれることがある。詳細は別記事で解説しているので、より深く知りたい方はご覧いただきたい。
英語の「the+比較級」とは?使い方や省略の法則を例文でわかりやすく説明!

注: この構文はmoreに限らず、他の形容詞の比較級も可能。

5-14. what is more

  • (59) What is more important, you’ll have respect from your partner. (さらに重要なことには、伴侶から尊敬を得ることです)
  • (60) Even more important, making changes is much easier. (さらに重要なのは変化がより容易になったことです)

what is more Aは「さらにAなことには」の意味の慣用表現である。通例、文頭で用いられる。(60)のようにwhat isは省略されることがある。

まとめ: moreを正確に使えるようになる

この記事では、英語のmoreについて詳細を解説してきた。

内容をまとめると次のようになる:

  1. moreには代名詞用法, 形容詞用法, 副詞用法がある
  2. 代名詞用法は「もっと多くの事・物」の意
  3. 形容詞用法は「もっと多くの」の意
  4. 副詞用法は「もっと」の意
  5. moreを使った慣用表現がある

トイグルでは他にも、英文法に関する記事を執筆している。興味のある方はぜひご覧いただきたい。

トイグル英文法 トイグル式英文法|英語文法の学習に必要な知識と情報のすべて

Good luck!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です